中東メーカ

本当に発売する?謎のEVモデル・Jannarellyのオープンモデル「デザイン1」を公開

ドバイの新興メーカであるJannarelly(ジャナレリー)が、2016年の夏ごろにロードスターモデルとなる「デザイン1」を販売しましたが、今回この個体のEVモデルが開発されていることが判明。
「デザイン1」は、もともと排気量3.5L 日産のVO型(代表例としては「フェアレディZ」)となるV型6気筒自然吸気エンジンをミドシップに搭載し、最高出力304hp、最大トルク372Nmを発揮。更にはトランスミッションは6速MTで、リミテッド・スリップ・ディファレンシャルを介して後輪に駆動するMRモデル。

デザインとしては、アンソニー・ジャナレリーCEOによるクラシック風デザインで、同氏は同国中東メーカのWモーターズ「ライカン・ハイパースーパースポーツ」や「フェニア・スーパースポーツ」のデザインも手掛ける程の奇抜さを持ちます。

スポンサーリンク

今回のデザインも、内燃機関モデルとなる「デザイン1」からインスピレーションを受けていますが、より立体感を持たせた外観を持ち、アストンマーティンの新型「ヴァンテージ」のようなレッドのグリルフレーム、そしてグレーカラーのセンターストライプのデザインはかなり個性的ともいえますね。

電動パワートレインについての詳細は明らかとなっていませんが、内燃機関と同等もしくはそれ以上のパワーを有する個体になるとの情報も。
※参考までに、内燃機関モデルの0-100km/hの加速時間は4秒、最高時速は220km/hにまで到達

サイズ感においては、具体的な数値は記載されていないものの、マツダ「ロードスター/MX-5」やロータス「エリーゼ」「エキシージ」、アルファロメオ「4C」のようなコンパクトスポーツモデルに近くなるといわれています。
※参考までに、内燃機関モデルのサイズは全長3,860mm×全幅1,840mm×全高1,080mm。

販売時期については不明ですが、今年開催予定となっているスイス・ジュネーブモーターショー2018での出展を期待したいところですね。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-中東メーカ
-, , , ,