約30馬力向上だ。ポルシェ「911 カレラGTS」の開発車両をニュルにて捕捉【動画有】

20161010_1_911

ドイツのニュルブルクリンクサーキットにおいて、ポルシェ「911 カレラGTS」の開発車両と思わしき個体がテスト走行しているところを捕捉しました。
これは「991.2世代」のフェイスリフトモデルとも言われていますね。

スポンサーリンク

今回捕捉されたこの個体のパワートレインは、自然吸気エンジンから排気量3.0L 水平対向6気筒ターボユニットへと変更され、馬力は最大30ps程向上しての450psと言われています。

またエクステリアでは、フロントやリアバンパーの見直し、ヘッドライド・リアコンビネーションランプが変更される等、あらゆるところが一新されるとも言われていますね。

なお、今回の開発車両において、クーペ以外にもコンバーチブルやタルガも併せてフェイスリストするものと予想されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう