その他 事故関連 >ハプニング関連

これは地獄ですか?イギリスの大みそかにて、大型駐車ガレージに停車する車両1,400台が炎上。もちろんスクラップ

2017年12月31日の大みそか。イギリス・リバプールのエコーアリーナ近くにある大型駐車ガレージにて、2階に駐車されていたランドローバー「ディスカバリー」のエンジンルームから突如として火災が発生し、この火災による原因から隣に駐車していた車両へと続々と炎が移ってしまい、最終的にはガレージ内にある約1,400台全ての車両がスクラップレベルになるまで炎上してしまったとのこと。

スポンサーリンク

この大規模な火災により、爆発が12回発生したとのことですが、幸い死亡者はいなかったものの、軽傷3名・煙を吸い救急車にて搬送された人物が2名であったと報告されています。

リバープールの消防局・消防庁のダン・スティーブンス氏曰く、この大規模な火災を未然に防げたであろう大型ガレージの内のスプリンクラーの水量が大幅に不足していた(厳密には補充されていなかった)ために、火災を抑えることが出来なかったことが大きな問題であると指摘。
なお、この日は馬術の祭典である「リバプール・インターナショナル・ホースショー」が開催されていたため、ガレージ内に約1,400台もの車両が駐車されていたわけですが、イベントに参加していた人たちすべての車両がスクラップ状態となり、この後どのように対処されたのかは不明となっています。

Reference:CARSCOOPS

関連記事:悲劇。アメリカ・イリノイ州のディーラが火災により150台以上のクラシックカーが全焼

アメリカ・イリノイ州スタントンにあるディーラにて、巨大な火災が発生・全焼する事件が発生。
しかも、あまりにも悲惨なことにディーラ内にある希少な150台以上のクラシックカー全てが黒こげになり、その被害額は数百億円近くにも上るとのことです。
この火災事故は、今週の火曜日の夕方頃に発生したもので、地域の消防士が駆け付けたときには倉庫やショールームのほとんどが既に炎で包まれた状態となり、手が付けられない状態になっていたとのこと。

スタントン防火区域リーダのリック・ハッセ氏によると、「今回の火災には13の異なる消防署と約90~100人の消防員によって消火活動された。しかし、あまりにも火災が大きすぎたために消火活動が追いつかなかったことは事実であるため、迅速な対応ができなかったことが悔やまれる」とコメント。

火災は夕方に確認してから夜の22時半には何とか消し止められたものの、建物のほとんどが全壊してしまったとのことで、火災の速度は驚異的だったとのこと。
その主な理由として、車を保管していた倉庫の材質のほとんどが木材であったため、燃えるスピードが通常よりも極めて早かったことが要因だと推測。
なお、この火災の原因が一体何だったのかは現在調査中とのことですが、どこから発生したかを調べ上げるのは極めて困難であるとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-その他, 事故関連, >ハプニング関連
-, , ,