日本メーカ >日産/インフィニティ

インフィニティが新たなコンセプト・セダンのティーザー画像を公開。パワートレインも一新

今月より開催予定となっているアメリカ・デトロイトモーターショー2018にて、インフィニティが新たなコンセプト・セダン「Qインスピレーション」を発表する予定となっていますが、今回2度目となるティーザー画像(リヤデザイン)を公開。
同車の最新コンセプトは、4ドアクーペのようなスタイリングを採用し、フードは短く、しかし室内空間は充実したプレミアムラウンジのような世界を提供する、と言われています。
また、リヤバンパー周りを確認していくと、リヤテールランプが近年のスーパースポーツにも見受けられるシームレスタイプの1本ライン(トランクの中央にまでライトが集約)を採用。

スポンサーリンク

パワートレインについては、具体的にどのようなものが採用されるかは不明となっているも、2019年モデルの「QX50」や可変圧縮エンジンを用いた新たなハイブリッドパワートレインを採用する可能性も示唆。低燃費且つ高出力の高効率型重視のエンジンを発表してくるのかもしれません。

また、今回のコンセプトモデルでは、今後のモデルにも統一させるためにボディラインをシンプルにまとめ上げ、クーペのような滑らかな流線形を描く低重心型を強調する、昔ながらのセダンと大きく差別化したデザインを採用していくことが予想されています。
なお、「Qインスピレーション」は、1月15日のデトロイトモーターショー2018にて世界デビュー予定となっています。

Reference:CARSCOOPS

関連記事:デトロイトモーターショーにて、インフィニティが新たなコンセプト・セダンを発表。ティーザー画像も公開に

来年1月より開催予定となっている、アメリカ・デトロイトモーターショー2018にて、インフィニティ(日産)が新たなコンセプト・セダンを発表すると同時にティーザー画像を公開。
今回公開されているティーザー画像より、上部から見るコンセプト・セダンのフロントボンネットと特徴的なフロントヘッドライト、フロントフォグ(ライトレス)、インフィニティのロゴ、そして大型ともいえるフロントグリルを確認することができ、インフィニティの「新たな方向性の表れ」であることを発表しています。

これについて、インフィニティエグゼクティブ・デザイン・ディレクターのカリム・ハビブ氏は「新しいインフィニティのコンセプトカーは、伝統的なセダンのアーキテクチャーを次の段階にて進化させながらも踏襲させて行く。よりスマートでありながらコンパクトなパワートレインを搭載し、ハイパワーで魅力あるスタイリングを持った一台になるだろう。バランスのとれた筋肉質のあるスタイリングと余裕のある室内空間を持つことは、インフィニティモデルの新たな時代を迎えます」とコメント。

インフィニティに関する最新レポートによると、このコンセプトモデルは、スポーティなデザイン言語と新技術を融合させるフラッグシップセダンの形をとる可能性があるとのことですが、新たなセグメントを切り開く高級セダンとして登場する可能性もありそうですね。
なお、同モーターショーでは、最近発表されたばかりの大型SUVモデル「QX80」や、可変圧縮エンジンを搭載した「QX50」といった最新モデルも出展されるとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >日産/インフィニティ
-, , ,