燃費記録。レクサス「CT200h F SPORT」175回目給油 2018年1月8日(月)

※これまで燃費記録は、みんカラの燃費記録にて保存してきたのですが、みんカラ運営よりアカウント強制削除されたことにより、今後はこちらへの燃費記録の投稿となります。
ただし、みんカラの投稿履歴から給油回数の記録が残っていましたので、給油回数はそのまま継続した形にて投稿させていただきます。

スポンサーリンク

レクサス「CT200h F SPORT」が2018年1月8日(月)に175回目の給油を迎えました。
燃費記録は以下の通りとなります。

【燃費記録】
走行距離:878.8km
総走行距離:168734.0km
給油量:41.07L
実燃費:21.40km/L
燃料タイプ:レギュラー
燃料単価:138円

【燃費記録考察】
175回目の燃費記録。
前回給油が1/4(木)だったので、今回は4日目にしての給油となりました。
引き続きスタッドレスタイヤでの燃費記録が継続中ですが、今シーズン初めてのスタッドレスタイヤでの高速道路走行を実施。
約400km程高速走行を実施しましたが、そこそこアップダウンの激しい道でもあったため、アクセルを踏み込んだり、踏まなかったりを繰り返し、更には時速90km/h前後を目安にしてクルーズコントロールを活用しながら走行していると、平均燃費は概ね23.0km/Lと中々の燃費記録。
サマータイヤでの高速走行時の燃費記録も同じような結果は過去にありましたが、ここ最近のサマータイヤでの高速走行はあまりにも酷い結果が連発していたため、ある意味今回の記録は自分のアクセルワークを見直す重要なきっかけだったのではないかと思います。

特にここ最近は雪道での走行が多く、「これ以上アクセルを踏んでしまうと間違いなくスリップする」と自分自身にセーブをかける頻度が増え、事前の事故防止に加えて、プラスアルファで燃費記録が向上しているというケースが多く、自身にとっては一石二鳥だったり。

今回は、約400kmの高速走行、約480kmの下道走行、そして日中と夜中、早朝に長距離走行を実施。
もちろん、短距離運転(約20km程)も複数回あったため、その際にハイブリッド走行する機会が少なく、更には下りを走行する頻度も少ないことから燃費が悪化することもしばしば。
改めて、ハイブリッド車両の特徴が大きく活かされるのは「100km以上の長距離移動」なんだなぁと実感。

今回も福井~京都~福井といった遠方コースを2往復。
今回、給油警告灯が付き始めたときの走行距離は730kmを記録していたので、そこから更に約150km走行しましたが、ガス欠の心配は全く無し(給油量も41.07Lであったため、自身の経験則から行くと給油口ギリギリまで投入すれば最大約48Lは給油できる)。
本当は、あと100kmほど走行したかったのですが、この状態から走行する時間帯が夜中になる事、更には夜中に走行する道中にて24時間式のセルフガソリンスタンドが無いということを考慮して、早めの給油を実施しました。

今回、パネル表示上の給油後平均燃費は22.5km/Lを記録。
ちなみに、パネル表示上の燃費は22.5m/Lに対して、実燃費は21.40km/Lであったため、ー1.1km/Lと普段より大きめの誤差となりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう