リコール関連 車関連

リコールが完了していない車は注意!2018年5月で車検が取れない車が大量続出する?!

自動車ニュースサイトautoblogより、国土交通省がタカタ製エアバッグのリコール対象車両について、現時点でリコールが完了しない車両、そしてこれからリコール発令(エアバッグ用インフレータ等、異常破裂することが懸念されるモデル)するであろう未改修車両については、2018年5月から車検を通さない措置を講じることが発表されました。
つまりは、エアバッグのリコール修理が完了していない車両については、2018年5月以降からはその車に乗ることができない、というもの。

スポンサーリンク

まず、第一優先として平成28年4月以前にリコールが届けされている国産車(トヨタ・日産・ホンダ・マツダ・スバル・三菱・ダイハツ等)・外車(アウディ・フォルクスワーゲン・メルセデスベンツ・BMW・フェラーリ・アルファロメオ等)全てにおいて、異常破裂するであろう危険性の高い特定のインフレータを使用するエアバッグ搭載の未改修車両が対象となっていますが、その台数は異常なまでの多さとなっています。

昨年の平成29年10月時点では、タカタ製エアバッグの改修率は83.2%となっているも、残りの16.8%(約320万台)は未だ完了していない車両となるため、このままでは約4か月間で対策品に交換できていなければ車検を通すことができず、クルマを手放すことに。

なお、このエアバッグ改修の措置については、以下の通りの措置も行われているのでご参考までに。

1. ユーザーやディーラー以外の整備工場は、検索システムを活用し、車検を受けようとする車両が措置対象未改修かどうかを確認する。該当する場合には、ディーラー等にて改修を行った上で交付される改善措置済証を運輸支局等に提出して車検を受ける。

2. 車検申請を受けた運輸支局等においては、自動車登録検査業務電子情報処理システム等を活用して、措置対象未改修車両の場合は車検を通さない。

【タカタ製エアバッグリコールの関連記事】
三菱「デリカ」等が4万台を超える大規模リコール。タカタ製エアバッグに不具合有り(2017/12/2投稿)
BMWが93車種・8万台超えの大規模リコール。エアバッグ不具合でインフレータ破損の恐れ(2017/10/23投稿)
ジープ「ラングラー」が1万台超えの大量リコール。エアバッグが展開しない恐れ有り(2017/10/21投稿)
ジープ「グランドチェロキー」等がリコール。エアバッグが勝手に展開する恐れ有り(2017/9/9投稿)
ジャガー「XF」等がリコール。助手席エアバッグに不具合有り(2017/8/1投稿)
アウディ「Q5」がリコール。サンルーフフレームの不具合により、カーテンエアバッグが開く恐れ有り(2017/8/1投稿)
命の危険性あり。タカタのエアバッグ問題で270万個が追加リコール。(2017/7/21投稿)
マセラティ「ギブリ」等がリコール。助手席エアバッグ、電動シート配線不備等(2017/6/26投稿)
メルセデスベンツ「CLAシリーズ」等がリコール。エアバッグが展開しない?!(2017/6/15投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-リコール関連, 車関連
-, , ,