日本メーカ >ホンダ/アキュラ

イギリスにて、ホンダ「シビック・ハッチバック」にディーゼルモデルが登場。価格は約330万円から

イギリス・ホンダより「シビック・ハッチバック」のディーゼルモデルが登場。
来月2月より、イギリスのホンダ・ディーラ核店舗にてディーゼルモデルが展示されるとのことですが、グレードとしてはエントリーレベルの「Sグレード」が330万円からにて始まり、その上位には「SE/SR/EX」といったグレードがラインナップされます。
反対に最上位グレードとなる「EXグレード」は約410万円からとなっており、フロントヘッドライトウォッシャーやLEDフォグランプ、後席シートヒータ、ワイヤレス通話、LEDヘッドライトといったTeck Pack(約10万円)も準備されます。

スポンサーリンク

パワートレインとしては、排気量1.6L 直列4気筒i-DTECエンジンを搭載し、最高出力120ps、最大トルク300Nmを発揮。
トランスミッションは6速MTを前輪に介するため、駆動方式は必然的に前輪駆動(FF)となります。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が10.4秒と遅めではありますが、CO2排出量においては99g/kmとなっています。

ホンダ曰く、今回市販化されるのでは6速MTのみとなりますが、オートマチックトランスミッションモデルについても今夏に発売予定となっていて、こちらにおいて4つのグレードにて構成され、価格帯としても若干低めにて設定されるのかもしれません。

Reference:CARSCOOPS

実はこんなグレードも登場していた!
関連記事:ホンダ「シビック」に新たなグレード「Si」が追加。最高出力は260馬力(2017/3/26投稿)

昨年のロサンゼルスモーターショー2016にて公開されたホンダ「シビック」のスポーツモデルとなる「シビックSi」が2018年モデルとして登場することがわかりました。
この個体には、排気量1.5L 直列4気筒ターボVTECを搭載し最高出力260psを発揮するとのことで、トランスミッションはショートストロークタイプの6速MTが設定されるとのこと。

外観においてもかなり攻撃的なデザインとなっていますが、何とも言ってもリヤのセンター出しマフラは多角形型エキゾーストパイプフィニッシャーとなっており、現行「NSX」をイメージさせるデザインとなっていますね。

タイヤにおいては、大口径の235/35R19を装着し、かなりスポーティな印象を与えるだけでなく、機能性においてもアクティブダンパーやLSD、アクティブステアリングシステムが装備される等、先進性も重視。

なお、このモデルは来月開催予定のアメリカ・ニューヨークオートショーにて公開されるとのことです。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >ホンダ/アキュラ
-, , ,