BMW・新型「Z4ロードスター」の開発車両を捕捉。フロント・リヤテール周りもほぼ量産仕様か?

BMWとトヨタの共同開発モデルとなる新型「Z4ロードスター」。
オープンモデルとしてはBMW「Z4ロードスター」、固定型ルーフはトヨタ「スープラ」という棲み分けとなりますが、足回りや走行性能などは大きく異なる2台となります。
今回捕捉されている開発車両は、フロントデザインにおいては、ほぼ量産仕様と思われ、キドニーグリルはコンセプトモデルに可能な限りデザインを寄せてきているようにも見えますが、意外にも控えめ。

フロントヘッドライトについては、やはりコンセプトモデル程の鋭さは無いものの、前モデルの「Z4」とは異なる表情を見せるデザインへと変更するのではないかと思われます。

スポンサーリンク

若干角度を変えて見てみましょう。
フロントフードからAピラーにかけての傾斜はそこまで際どいものではありませんが、ルーフまでの全高自体はそこまで高いものではなさそうですね。
Aピラーはブラックカラー、サイドスカートやミラーキャップはレッドカラーと何とも珍しい組み合わせですが、何か意図的なものがあるのかは不明。

サイドから見てみるとこんな感じ。
フロントオーバーハングは若干短めですが、リヤバンパーの出っ張りが少々気になるところ。

リヤデザインを確認してみましょう。
コンセプトモデルに近いOLEDテールライトを採用していますね。
エキゾーストパイプは、両サイド1本出しのシンプルなスポーツタイプ。
ルーフは、前モデルのハードトップとは異なるファブリック製のソフトトップとなります。

さて、気になるパワートレインについては、排気量3.0L 直列6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力385hpを発揮する可能性が高いとのこと。
また、その上位に位置するパフォーマンスモデル「Z4M」も登場するかもしれないとの噂が浮上しています。

前回、クーペタイプのトヨタ「スープラ」が3月のスイス・ジュネーブモーターショー2018にて出展されると発表されましたが、「Z4ロードスター」は特に無し。今年の下半期に世界デビューすることが期待されていますが、こちらについては情報が明確になり次第、当ブログにて報告していきたいと思います。

【「Z4ロードスター」関連記事】
BMW・新型「Z4」のエンジンがほぼ確定?直4&直6の2種類のみが販売される模様(2017/10/11投稿)
BMWとトヨタの共同開発モデル「Z4」、BMW「スープラよりも絶対ユニークになる」(2017/10/2投稿)
BMW「Z4」の開発車両を捕捉。コンセプトに近いライト形状で人気は高そう?(2017/10/1投稿)
早くもBMW・新型「Z4ロードスター」の生産モデル版レンダリングが公開。意外とアリ?(2017/9/15投稿)
仕事が早い。BMW「Z4ロードスター・コンセプト」がクーペになったら?というレンダリング画像が公開に(2017/8/20投稿)
BMW「Z4ロードスター・コンセプト」が遂に公開。筋肉質でスタイリッシュな男前に(2017/8/17投稿)
これは「Z4/Z5」?BMW「ロードスター・コンセプト」のティーザー画像を公開に(2017/7/29)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう