>近況・駄文等 その他

これから増えるであろうyoutuber難民。評価方法変更で副業が困難に

ここ最近、小中学生のなりたい職業ランキングで上位トップを守り続けてきた「youtuber(ユーチューバー)」。
自身が作成したオリジナル動画をネット上に公開・拡散することで、閲覧された回数(動画再生回数)によって動画内にGoogle指定の広告(バナー)が貼付され、その広告を閲覧者がクリックすることで広告収入を得られるシステムなっていました。

しかし、昨年末に人気ユーチューバーであったローガン・ポール氏の日本での樹海動画(死体への呼びかけや侮辱行為、更には日本での度重なる迷惑行為)が大きな波紋を呼んでしまい、こうした暴力的で差別的、更にはモラルに反する過激な動画には広告が付かないとして、ユーチューブ側も規約を厳格化することに。

そして今回、新たにユーチューブが設けた規約が発表されたわけですが、これがまたとんでもなく厳しい内容となり、今後ユーチューバー難民が増えてくるのではないか?と考えられます。

スポンサーリンク

その規約の内容というのが、ユーチューバーの評価方法を"動画再生回数から、チャンネル登録者数と年間視聴時間"に変更するというもの。
単純に再生回数増加を目的に、ちょっとした過激な動画や豆知識、ゲーム等のプレイ動画等をアップしていた中堅ユーチューバー(月数万円から~数十万円を稼ぐ層)にとってはとてつもない痛手になると推測。
どんなに質の低い内容であっても、"検索ワード"や"SEO対策"を施していれば動画再生にまで誘導できるシステムから、登録者数や視聴時間というファクタをメインとすれば、質の高い動画が優先的に広告収入の対象になるため、そういった意味では「ただ再生を誘導するだけの動画」というのは、今後淘汰されるだけでなく、ユーチューバーをこの世界から脱落させる地獄のカウントダウンと言えてしまうわけです。

これまで安定していたお小遣いが、一瞬にして無収入になるということを考えると、なりたい職業ランキング上位であったユーチューバーも、これからはリスクの大きすぎる職業(特に収入が安定しない)として、注目度が一気に下がってくるのではないかと考えられます。
ちなみに、私もこうした自動車ブログサイトを趣味程度で立上げたと同時に、ユーチューブのアカウント(311 Creative)を開設して、たまに自動車関連の動画をアップしたりしますが、こうしたブログやユーチューブの収入をメインとはしていないため、今回の規約・評価方法変更に対する影響は皆無。ある意味自身のブログサイトと動画内容の質を高めるチャンスでもあるため、むしろポジティブに考えることが出来、良い結果に繋げられるのではないかと考えたりします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

->近況・駄文等, その他
-, , , , ,