これは貴重。BMW「Z4」とトヨタ「スープラ」の開発車両をコンビで捕捉

先日捕捉されたばかりのBMWの新型となる「Z4ロードスター」。
フロント・リヤエンド共ほぼ量産仕様のパーツが組み込まれ、完成間近というところまで来ていますが、今回は何とも珍しい共同開発モデルとなるトヨタ「スープラ」とのコラボショットが公開されています。
両車共に共同開発モデルとしてクーペタイプはトヨタ「スープラ」、オープンモデルはBMW「Z4ロードスター」という棲み分けとなりますが、デザイン性についてはそれぞれのメーカが持つ個性を持った特徴的な一台となっていますね。

スポンサーリンク

今回の例で言えば、カモフラージュ柄でカバーされているものの、各リヤテールランプ周りは、「Z4」はOLEDテールライトを採用することで、アローヘッド(L字型)のような点灯となり、一方の「スープラ」は「ハリヤー」のような角を取ったかのようなデルタ形状のリヤテールとなっていることから、とても共同開発されたモデル同士とは思えないほどに大きく異なっています。

そしてリヤマフラは台形型(Z4)と丸型(スープラ)に分かれていて、ほぼ同じエンジンで同じ性能であるにも関わらず、スポーティさの表現においてこれだけの大きな違いを見分けられるのも中々に貴重なのではないかと思います。

今回のコンビでの捕捉は、リヤデザインのみとなりますが、フロントエンドももちろん大きく異なっていて、BMWはキドニーグリル、トヨタは独自の新たなフロントグリルを採用する可能性が高く、それぞれにしかない空冷特性を生かしたスポーツクーペとして登場することが期待されています。
パワートレインについては、排気量3.0L 直列6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力385hpを発揮する可能性が高いとのことですが、パフォーマンスモデル「Z4M」も登場するかもしれないとの噂が浮上しています。

なお、クーペタイプのトヨタ「スープラ」が3月のスイス・ジュネーブモーターショー2018にて出展されると発表されましたが、「Z4ロードスター」は現時点では特に出展の予定は無いものの。今年の下半期に世界デビューすることが期待されています。

【「Z4ロードスター」関連記事】
BMW・新型「Z4ロードスター」の開発車両を捕捉。フロント・リヤテール周りもほぼ量産仕様か?(2018/1/16投稿)
BMW・新型「Z4」のエンジンがほぼ確定?直4&直6の2種類のみが販売される模様(2017/10/11投稿)
BMWとトヨタの共同開発モデル「Z4」、BMW「スープラよりも絶対ユニークになる」(2017/10/2投稿)
BMW「Z4」の開発車両を捕捉。コンセプトに近いライト形状で人気は高そう?(2017/10/1投稿)
早くもBMW・新型「Z4ロードスター」の生産モデル版レンダリングが公開。意外とアリ?(2017/9/15投稿)
仕事が早い。BMW「Z4ロードスター・コンセプト」がクーペになったら?というレンダリング画像が公開に(2017/8/20投稿)
BMW「Z4ロードスター・コンセプト」が遂に公開。筋肉質でスタイリッシュな男前に(2017/8/17投稿)
これは「Z4/Z5」?BMW「ロードスター・コンセプト」のティーザー画像を公開に(2017/7/29)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう