その他 車関連 >社会問題

【衝撃】EUの電子レンジだけで約700万台分の車両のCO2を排出していることが判明

近年、自動車から排出されるCO2排出量が注目されるなか、欧州にてとんでもないレポートが公開されました。
それは、マンチェスター大学の研究レポートの発表内容によるもので、欧州での電子レンジのCO2排出レベルに深刻な影響を与えているとのこと。
具体的には、欧州にて使用されている全ての電子レンジを、新品の状態から廃棄処分されるまで使用した場合にトータルで放出されるマイクロ波からの二酸化炭素(CO2)の排出量が、自動車約700万台分に相当するとThe Guardianからも報告されています。

スポンサーリンク

更には、電子レンジを1年以上に渡って19マイクロ波使用した場合の排出量が、自動車からの排出量と同じ計算になるとして、このマイクロ波を減らすためには、極力電子レンジを用いるような食材を選ばないこと、そして電子レンジを使用しなくても作れる食べ物にすることが重要になるとのこと。もしくは、家電製品をより効率的に使用するための消費者意識と行動の改善に焦点を当てていくことも大事。
欧州では、約10年間で1億3,500万台以上の電子レンジが販売されているということで、つまりは消費者に対して、電子レンジが供給されればされるほどにCO2排出量は年々増加するとして、これについてもエジンバラ大学のカーボン管理学を教えるDavid Reay教授も、消費者は自動車のCO2排出だけでなく電子レンジの環境影響にもしっかりと関心を持つべきであるとコメント。

なお、欧州に存在する全車両が約300万台と言われていますが、同国に存在する電子レンジ全てから放出されるCO2排出量が700万台分であることから、クルマの2倍以上を輩出していることになります。
あくまでも参考となる数値程度ではありますが、一人ひとりが意識して電子レンジの使用を控えること、そして2040年からイギリスやフランスでのガソリン/ディーゼル車両販売禁止に先駆けて、電気自動車(EV)又はハイブリッドモデルに乗り換えることでCO2排出低減に貢献することの意識づけも必要になってくるのではないかと思ったりします。

【関連記事】
フランスの環境相が2040年を目標にガソリン/ディーゼル車両を販売禁止へ(2017/7/9投稿)
イギリスが2040年よりガソリン/ディーゼル車両販売を禁止へ。今後はEVに注力(2017/7/27投稿)
遂にアメリカ・カリフォルニア州でも、2040年以降にガソリン/ディーゼル車両の販売禁止を検討中(2017/9/30投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-その他, 車関連, >社会問題
-, , , ,