【注意】22日(月)昼から太平洋側を中心に大雪の恐れ。国土交通省「特に用事が無ければ外に出るな!」

国土交通省の緊急発表により、明日22日昼ごろから23日の朝方にかけて、関東甲信地方から東北地方にて、太平洋側を中心に広範囲での大雪が降るとのこと。
これにより、特に東京23区においては、普段雪の少ない平野部を含めて大雪となる恐れがあることから、もし外出をする際にはサマータイヤではなくスタッドレスタイヤやチェーンを装着するなどの万全の態勢を整える必要がありそうです。
ただ、それでも雪道での走行は慣れというのも必要になってくるため、大雪による立ち往生はもちろんのこと、大渋滞となる恐れもあることから、不要不急の外出以外は控えるよう呼びかけています。

スポンサーリンク

なお、明日22日昼ごろから23日の朝方までに予想される24時間降雪量として、多いところでは東北地方太平洋側は30~50センチ、甲信地方や関東地方北部山沿いは20~50センチ、箱根から多摩地方や秩父地方にかけては20~50センチ、そして関東地方平野部(東京23区等)は5~10センチとなっています。詳細の情報は気象庁ホームページを参照。

ちなみに先週は北陸地方が大雪でした。
関連記事:福井にて大雪警報発令。早朝5時から雪かき3時間→結果、車を出せずに断念(2018/1/12投稿)


福井県にて、2018年1月10日の夜から12日にかけて本格的な大雪が振りだし、自宅から出られないほどに雪が積もっています。
気象台によれば、福井市は21センチ、大野市で31センチ、九頭竜で120センチ、武生で7センチ、今庄で20センチと、更には今季初めてとなる氷点下を記録(日本海側地域で氷点下を記録するのは珍しい)しています。
そのため、地元ローカル線が約8時間程運休したり、北陸道では一部通行止め(丸岡IC付近等は、解除の目途はたっていない模様)となっていますが、仕事絡みで外出しようと思ったにもかかわらず、とんでもない積雪量に悩まされて外出できなくなりました。

っというのも、私が住んでいる地域も豪雪地帯で、自宅近くには融雪機/スプリンクラーが設置されていて、積雪を未然に防ぐことのできる便利装置なのですが、これが豪雪レベルになると意外にも対処できないという問題が。
もちろん、そういった問題に備えて登場するのが除雪車両で、早朝の5時位から県道や国道、高速道の降り積もった雪を一気に除雪してくれます。
しかし、それはあくまでも大通りや車通りの激しいところがメインとなるため、マイナーロードからメインロードを走る人たちにとってはかなりの雪地獄となっています。
私の場合は、自宅ガレージの目の前がメインの県道となっているため、ある程度雪は解けて走りやすくなっていますが、問題はその県道に進入するまでの駐車スペース内の雪の量。
シャッター付ガレージ内に車を収めているため、車両に雪は一切積もっていないのですが、シャッターを開けた瞬間に見事なまでの猛吹雪ととんでもない積雪量により、車を出せるレベルではなくなっています。

もちろん、除雪作業は事前に行っているのですが、地味に駐車スペースが広いということもあって、除雪が終わったエリア①から次の除雪エリア②へと移り、③の除雪エリアに映っているときには①のエリアが積もっている…そりゃ除雪する前よりもマシになっていますが、これを何回繰り返したことやら。早朝5時に除雪開始して朝9時には結果的に車を出した瞬間にスタックしてしまい、車を県道に出すことが出来ず断念するという残念な結果になりました。
除雪機もしっかりと準備しているのですが、あまりにもその除雪量が半端ないので、ご近所さんに大量の雪を譲るわけにもいきませんし、県道に向けて雪をブン投げるのも申し訳ない気持ちになります。
やはりここは男らしくスコップで地道に雪を端っこに固めていくしかないのですが、それでも全く歯が立たず、約4時間もの時間を無駄にしたというのは悲しいところですね。
とりあえずこの後も除雪作業に精を出していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう