日本メーカ >ホンダ/アキュラ

アメリカ中古市場にて、ホンダ「シビック・タイプR」が600万円にて販売中。ちなみに新車販売価格は約400万円也

アメリカの中古車市場(Craigslist)にて、ホンダのハイパフォーマンスハッチバックモデル「シビック・タイプR」が販売中。
こちらの個体、そのワイドなルックスと排気量2.0L 直列4気筒VTECターボエンジン搭載により、最高出力300psを超えるスペックを持つことから、需要は高いものの生産量が少なく、プレミア価値は相当に高い模様。
そんな新型「シビック・タイプR」は、アメリカでは新車販売価格 約420万円から販売されているわけですが、今回中古車市場に登場する個体は約600万円にて販売されています。

スポンサーリンク

今回、中古車市場に登場している「シビック・タイプR」のボディカラーは、落ち着きと鮮やかさを備えた深みのある「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」を設定。
基本的なオプションはある程度標準にて装備されていますが、ドノーマルでありながらも適度にローダウンされた専用スポーツサスペンションに、ハイグロスブロック処理された大口径ホイールが何ともクール。
フロントスプリッターやサイドスカートから垣間見えるレッドのディテールアクセントもまた素晴らしいですね。

リヤデザインもノーマルでありながら、この派手さ。
パッと見カスタムしているようにも見えますが、安心してください。これでノーマルなんです。
リヤディフューザーと一体型となるセンター3本だしのエキゾーストパイプ、そしてディテール部にはレッドのアクセント、大型リヤウィング、大型のリヤバンパーヴェゼル(ダミーダクト)、一つ一つが大きなインパクトを与えますが、ここまでスタイリッシュにまとめ上げるにはデザイナーも相当な苦労があったのではないかと思いますね。

インテリアももちろん純正です。
レッドを基調にブラックのアクセントを加えたフルバケットシート。
シートマテリアルは何とも贅沢なアルカンターラですね。
ダッシュボード周りやステアリング周りにはレッドのカラードステッチが施されています。

リヤシートは、フロントとは逆転してブラックが基調となっていますね。
この組み合わせは個人的にはかなりグッドですが、中央のドリンクホルダーがシートとフラットになっていて、ちょっと取り出しにくいかなぁ?といった印象を受けますね。

ちなみに、こちらの個体の走行距離は約430kmと低走行。
まだまだこれから高騰するであろう新型「シビック・タイプR」ですが、今回の個体はある意味買いの一台なのかもしれません。

【「シビック・タイプR」関連記事】
東京ASにて、無限ホンダが「シビック・タイプR」ベースのチューニングモデル「RC20GT」を発表(2018/1/13投稿)
驚愕。ホンダ「シビック・タイプR」は最高時速283km/hまで到達する模様【動画有】(2017/11/9投稿)
Milltekがホンダ「シビック・タイプR」をカスタム。カラー&エキゾーストスパイスが最高のアクセント【動画有】(217/10/22投稿)
ホンダ「シビック・タイプR」にエントリーレベルモデルが登場。価格は360万円から、販売は来年スタート(2017/10/12投稿)
ホンダ・新型「シビック・タイプR」見てきた。圧倒的な存在感、完成度はまさにFF最速同然の地位(2017/9/30投稿)
ホンダの新型「シビック・タイプR」が海外にて早くも転売に。価格は660万円、即完売した模様(2017/8/12投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >ホンダ/アキュラ
-, , , ,