ドバイでは普通。マクラーレン「720S」を筆頭にポルシェ・フェラーリ・マセラティが集結

ドバイの某駐車場にて、マクラーレンのスーパーシリーズ「720S」を筆頭に、ポルシェ「911GT3RS」やマセラティ「グランツーリスモ・スポーツ」、そしてフェラーリ「カリフォルニア」が集結。
ちょっとした週末のツーリングも兼ねて、4台が集結したとのことですが、ドバイではこうした風景は日常で、むしろちょっと物足りない感があるのは私だけでしょうか?

スポンサーリンク

それにしても、ドバイの夜景をバックにスーパーカー達が並んで写るというのは何とも画になりますね。
それぞれが異なるボディカラーを持ち、カラフルに彩られていることもあってか、それぞれの個性が際立ちます。

ちなみに、各車両の簡単なスペックを紹介していくと、マクラーレン「720S」のパワートレインは、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力720psを発揮。
0-100km/hの加速時間は2.9秒で、最高時速は350km/hにまで上ります。

一番左奥のオレンジカラーっぽい個体がポルシェ「911GT3RS」。
パワートレインは、排気量4.0L 水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力500psを発揮。
0-100km/hの加速時間は3.4秒で、最高時速は318km/hにまで上ります。

レッドのボディカラーにフロントボンネットが何やら奇妙なブラックのデザインを持つのがマセラティ「グランツーリスモ・スポーツ」。
「グランツーリスモS」の高出力版で、パワートレインは、排気量4.7L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力460psを発揮。
少々わかりにくいですが、このモデルからフロントフォグランプが廃止されていて、フロントブレーキが効率よく冷却されるデザインへと変更されています。

最後は、ホワイトカラーのフェラーリ「カリフォルニア」。
フェラーリ初となる排気量4.3L V型8気筒直噴エンジンを搭載し、最高出力490psを発揮。
駆動方式は「612スカリエッティ」以来のFRを搭載し、更にはV8エンジン&FRモデルという組合わせは、「カリフォルニア」が初めてとなります。

【ドバイの関連記事】
これがプチオフ会だと?ドバイにて、ブガッティ×2、ケーニグセグ、ランボルギーニが登場(217/7/31投稿)
背筋が凍る。ドバイにて、子供たちがランボルギーニ「ウラカン」のリヤをサッカーのゴールポスト代わりに使用【動画有】(2017/4/22投稿)
ヤバイ・ドバイ。ケーニグセグ「アゲーラR」とブガッティ「ヴェイロン」×2、ランボルギーニ「アヴェンタドール」が集結(2017/1/29投稿)
さすがドバイ。「ラ・フェラーリ」とマイバッハ「62S・ランドーレット」を所有するオーナーが登場(2017/1/3投稿)

Reference:AUTOGESPOT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう