日本人オーナーが所有するロールスロイス「ドーン」が海外ニュースサイトに。やはりそのカスタムは強烈

ランボルギーニ「アヴェンタドール」カスタムモデルを所有する五島 学氏(通称”ゴッチ(GOCCI)”さん)のロールスロイス「ドーン」Wald仕様がまたまた海外ニュースサイト”CARSCOOPS”にてピックアップ。
今回公開されているカスタムモデルの「ドーン」ですが、今年開催された東京オートサロン2018でも出展された個体で、ラグジュアリーモデルでありながらもVIP仕様に仕上げるそのアグレッシブなスタイリングが大きく評価されたのかもしれません(「ドーン」をここまで大胆にカスタムするオーナーは未だかつて見たことが無い)。

スポンサーリンク

今回のカスタムモデルは、Waldインターナショナルがこれまでに取り扱ってこなかったボディキットをワンオフ仕様にて作製し、この「ドーン」のために作られたもの(後のBMW「7シリーズ」にも反映)。
ボディカラーはホワイト・オン・ホワイトにてまとめられ、フロントのエアインテーク部には、L字型のLEDストリップが搭載。
通常の「ドーン」とはまた異なったイカつい顔つきへと変化しています。

足回りも大きくカスタムされていますね。
専用スポーツサスペンションにより、ギリギリタイヤハウスが隠れるレベルまでローダウンされ、更にはForgiato製Troppo-ECLモジュラーの24インチ大口径アルミホイールを装着しています(ホイール裏にブレーキキャリパカバーと同じレッドのアクセントを加えるところはハイセンス)。

東京タワーをバックにした「ドーン」とのコラボもまたグッド。

なお、五島学氏は「ドーン」のカスタムモデル以外にも、ホットピンクのランボルギーニ「アヴェンタドールSV・ロードスター」も所有し、こちらは日本の過激チューナであるリバティーウォーク(LB Performance)仕様にカスタム。
リバティーウォークのシンボルともいえる、外付けオーバーフェンダーを装着しないスタイリッシュなカスタムではありますが、そのスタイリッシュさがランボルギーニの深い味わいを更に引き立てています。

【関連記事】
ホットピンクのリバティーウォーク(LB)仕様・ランボルギーニ「アヴェンタドールSVロードスター」が公開。所有者はあの有名な日本人(2017/8/17投稿)
東京オートサロン2018はクラフトブースへ!400部限定のGOCCIカレンダーが無料配布されるぞ!(2017/12/27投稿)
これは渋い。五島学 氏所有のロールスロイス「ドーン」のカスタム車両が公開に(2017/2/4投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう