飲酒運転で2年間の運転停止命令を受けたウェイン・ルーニー氏(サッカー選手)のBMW「i8」が約980万円にて販売中

サッカー・プレミアリーグのエバートンに所属しストライカーでありながら、元イングランド代表でもあるウェイン・ルーニー氏が所有していた、BMW”iブランド”のフラッグシップPHVモデル「i8」が中古市場にて登場。
ウェイン・ルーニー氏と言えば、昨年の9月1日に自宅付近のイギリス北西部にあるチェシャー州にて、そこで初めて知り合った女性の車を運転していた最中に警官に呼び止められ、呼吸検査を受けたところ基準値の3倍以上となるアルコールが検知され「飲酒運転」の罪で即逮捕されました。
この罪により、同氏は2年間の運転禁止命令並びにコミュニティ秩序の一環として、100時間の社会奉仕活動を行うこととなったわけですが、恐らく「i8」を売却したのも、今回の運転禁止命令により所有する意味が無くなったからではないかと推測しています。

関連記事:サッカーのウェイン・ルーニー選手が飲酒運転で有罪判決。2年間の運転禁止、100日の社会奉仕(2017/9/19投稿)

スポンサーリンク

さて、今回中古市場に登場している「i8」は、BMW i Blueアクセントのメタリックイオニックシルバーのボディカラーに、BMW i Wスポークアルミホイールや無煙炭ヘッドライニング、電動パワーシート&シートヒータ、LEDヘッドライト、ヘッドアップ・ディスプレイ、アンビエント・インテリア・ライティング、Harman/Kardonサラウンドシステム、純正インパルス・デザイン・パッケージといったオプションてんこ盛りの一台となっています。

走行距離としては、12,773kmとそこそこに走行されているものの、フルプロテクションラッピングを施しているため、ボディコンディションは良好。

カスタムは全く施されていないオール純正スタイルとなっています。
同氏は、今回のBMW「i8」はもちろんのこと、アウディのABT仕様「SQ7」といったスポーツモデルを好み、数多くのスポーツカーを乗り継いできた車好きで純正ラバー。
これだけのオプションが贅沢に揃い、おまけにコンディションも抜群で、スーパースターが乗っていた個体ともなるとやはりそのプレミア価値も中々に高そうですね。

インテリアは、CarumグレーのBMW i Sphericalフルレザーシートが設定されています。
シートコンディションも非常によく、定期的なメンテナンスも施していたとのことから、ほぼほぼ新品に近い状態にあるとのことです。

なお、中古市場価格は約980万円と新車価格に対して半値以下。
これは有る意味破格だとは思いますが、もしかすると今回の飲酒騒動に関与してオーナーと車体の価値も下がってしまったのかもしれませんね(ちょっと冗談)。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう