オプションだけで6,000万円以上。ロンドンにて、フルカーボンボディのブガッティ「シロン」が登場

イギリス・ロンドンにて、全身フルカーボンボディのブガッティ「シロン」が登場。
ブガッティ「シロン」は、「ヴェイロン」の後継モデルとして世界限定500台のみ製造されるモデルですが、現時点では約300台の受注があり、更にこの個体を購入するためには、ブガッティの厳しい審査をクリアしない限り購入ができないモデルとなります(宝くじで10億当たっても購入できない)。

スポンサーリンク

今回、ロンドンにて目撃された「シロン」ですが、これまで中々見かけることの無かった全身フルカーボン仕様。
車両本体価格は約3億円と言われるこの個体、オプション費用だけで約6,000万円にも上るとのこと。

正面から見るとこんな感じ。
馬蹄型グリル周りやエアインテーク周り等はマイアミブルーにてアクセントが加えられていますが、素地はカーボンというクレイジーっぷり。
こうしたアクセント費用だけでも数百万単位に上ると言います。
ちなみに、内装もオールマイアミブルーのフルアルカンターラシートをチョイスしており、センターコンソール周りはダッシュボード周りもブルーペイントが施されたカーボン素地となっています。

ミドシップに搭載されるエンジンカバーもマイアミブルーですが、もちろんコチラもカーボンファイバ製カバー。
一体この個体でカーボンを使用していないところはどこになるのでしょうか?

コチラは「シロン」の足回りで、ホイールは意外にもブラックペイント処理されたノーマルのアルミホイール。
今更ながらですが、「シロン」のホイールってセンターロック式ではなく、5穴固定式なんですね。
ブレーキキャリパカバーは、ボディカラーの一部にも使用されるマイアミブルーをチョイス。
意外にもブラックカーボンとの相性は抜群ですね。

【「シロン」関連記事】
アメリカ納車第一号で、オークションにて落札されたばかりのブガッティ「シロン」が早くも中古市場にて登場(2018/1/17投稿)
遂に日本にブガッティ「シロン」が到着。オーナーは「ヴェイロン」「アゲーラ」も所有、5月末には熊本にて出展へ(2018/1/16投稿)
マジ?カリフォルニアのディーラが、ブガッティ「シロン」とパガーニ「ウアイラ」をビットコイン(仮想通貨)にて販売中(2018/1/12投稿)
またもやブガッティ「シロン」がオークションに登場。未走行の新車状態で予想落札価格は5億円以上(2018/1/13)
初期ロット生産のブガッティ「シロン」がオークションに出品へ。イメージカラーに身を纏い、予想落札価格は約4.6億円から(2017/12/29投稿)

【BRAND NEW Bugatti Chiron in London with a $500k FULL CARBON paintjob!!】

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう