ブレーキランプが付かないとか事故る!VW「ゴルフ」等が1万台を超える大量リコールを発令

自動車ニュース”Response”の記事より、フォルクスワーゲングループが「ゴルフ・ヴァリアント」等のリコールを発令。
リコールの内容としては、リヤコンビネーションランプの不具合によるもので、リヤコンビネーションのバルブホルダーの設計が不適切なために走行振動等により接触不良が発生する恐れがあるとのこと。
そのため、警告灯が点灯してブレーキランプおよびテールランプが点灯しないおそれがあるとしてリコールを発令。

スポンサーリンク

対象となるのは、2013年10月21日~2017年6月3日に輸入された「ゴルフ・ヴァリアント1.4/103kW」「ゴルフ・ヴァリアント1.2/77kW」「ゴルフR・ヴァリアント2.0/206kW」「ゴルフ・トゥーラン1.4/110kW」の4車種で、合計1万8,686台がリコールの対象となります。
全車両、リヤコンビネーションランプのバルブホルダーを対策品に交換する、リコール作業を行うと報告していますが、不具合は既に1,793件発生しており、但しこれによる事故は起きていないとのことです。

【直近のリコール関連記事】
三菱がまたもや7万台超えの大量リコール。今度はオーバーヒートする恐れ有り
三菱「アウトランダー/デリカ」等が9万台を超えるリコール。駐車中に勝手に動き出す?!
VW「ゴルフGTI」やアウディ「Q5」がリコール。燃料漏れの恐れ有り
アストンマーティン「DB11」がリコール。AMG製パーツの流用によりエアバッグが破裂する恐れ有り
スズキ「ワゴンR」等の4WDモデルが12万台の大規模リコール。ABS作動せず、既に600件以上が発生
マセラティ「ギブリ/クアトロポルテ」が新年早々リコール。オイル漏れにより火災の恐れ大
何だと?アルファロメオ「ステルヴィオ/ジュリア」が早くもリコール。ブレーキ関連に不具合有り
アウディ「A6/A7」が大規模リコール。オイル漏れにより火災が発生する恐れ有
アルファロメオ「MiTo(ミト)」がリコール。シートベルト関連の不具合により負傷する恐れ有り
日産「セレナ」、三菱「デリカ」等31万台がリコール。電装系ショートの恐れが有り、既に8件発生
メルセデスベンツAMG「C63S」等の12車種がリコール、エアサスやESP不具合により走行に支障有り
メルセデスベンツ「Gクラス」等がリコール。クルーズコントロールに不具合有り
ポルシェ「パナメーラ」がリコール。シートベルト締めてるのに警告灯消えないって何ぞ?!
三菱「デリカ」等が4万台を超える大規模リコール。タカタ製エアバッグに不具合有り

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう