モナコにて、スーパーカーを運転する美女達Part3。何とも激しいグリーンのランボルギーニ

モナコにて、フェラーリやランボルギーニ等のスーパーカーを運転する美女達をまとめてきましたが、今回も安定して美女達が愛車のスーパーカーで登場。
今回は何とも激しめカラーとなるランボルギーニ「ウラカン・スパイダー」。
ボディカラーは、グリーン系のヴェルデ・マンティスに、ホイールは少々わかりにくいですが、20インチのMimas鍛造ホイールにハイグロスブラック処理付きというスポーツ仕様。

細かいオプション等をチェックしていくと、クリアランスソナーやバックカメラ、そしてマフラやフロントロアバンパーがブラックペイント処理されていることからスタイルパッケージのオプションが設定されていることがわかりますね。
ちなみに、グレードとしては四輪駆動の「LP610-4」。

やはり美女たる者、オープンタイプのスーパーカーがとても似合います。
グリーンカラーでもとても様になっているところは新たな発見でもありますね。

スポンサーリンク

この2枚の画像を見て、何か違和感を感じたあなた。
どちらがお似合いだと思いますか?

Reference:AUTOGESPOT

関連記事①:モナコにて、スーパーカーを運転する美女達。フェラーリ、ランボルギーニ等【動画有】(2017/5/30投稿)


モナコにて、フェラーリやランボルギーニ等のスーパーカーにてドライブする美女たちをまとめた動画が公開に。
まず、最初に登場したのはフェラーリの限定オープンモデルとなる「458スペチアーレA」。
人に囲まれ、ごった返しになっていますが、そんな中でもしっかりアクセルを踏み込むその姿勢はまさに男子顔負け。
助手席に乗っているのも女性ということで、非常にカッコいいですが、後ろについてくるトヨタ「CH-R」を見ると、何故かホッコリしてしまいますね。

続いては日産のスーパースポーツ「GT-R」。
コチラも運転しているのは、イケイケの美女で、助手席には彼氏と思わしき男性が。
明らかに立場的に逆な気がしますが、女性が操作する「GT-R」も中々に素晴らしい光景ですね。
そしてやはり、アクセルを踏み込んでいく姿勢はナイス。

やはりランボルギーニ「アヴェンタドール」もいましたね。
かなりゴリゴリのカスタムが施された男前の「アヴェンタドール」ですが、この個体を操作しているのは非常に華奢なモデル風の美女。
シザードア(いわゆるガルウィング・ドア)から降りてくる姿も非常に様になっており、日本では中々みることのできない光景かと思いますね。

他にもメルセデスベンツAMG「SLS」や「SLRマクラーレン」等のスーパーカーも登場しており、モナコは改めて恐ろしい国であることを痛感する動画でもありますね。

【GIRLS Driving Supercars in Monaco】

関連記事②:モナコにて、スーパーカーを運転する美女達Part2。アストンマーティン、メルセデスSLS等【動画有】(2017/6/12投稿)

モナコにて、フェラーリやランボルギーニ等のスーパーカーにてドライブする美女たちをまとめた動画シリーズの第2弾となりますが、こちらも意外と反響が高かったため続編をピックアップ。

まず、最初に登場したのは何とも渋すぎるメルセデスベンツAMG「SLS・ロードスター」。
ボディカラーの渋さもさることながら、乗っている女性がかなり若いというのも驚き。
恐らく助手席に乗車している男性の所有車と思われますが、結構上り坂といえども結構なスピードを出しているようにも感じられますね。

続いては、世界限定599台となるフェラーリ「599GTO」。
限定車両だけあって、今ではプレミアで約1億円という価値のつくスーパーカーとなりましたが、こういった希少性の高い個体であっても、やはり良い感じで加速していますね。

次は、フェラーリ「カリフォルニア」でしょうか。
オープンカーに乗る女性も非常に魅力的ですが、こういった光景を見れるのはやはりモナコならでは。
こちらも安定して踏み込んだ加速をしていますね。

他にも、ベントレー「コンチネンタルGT」や、マセラティ「グランカトリオ」、フェラーリ「599GTB」、アストンマーティン「DBSヴォランテ」、ゲンバラ「ポルシェ911」といった個性の強いスーパーカー/スポーツカー達が登場しています。

【Girls Driving Supercars: 599 GTO, Mansory Stallone, SLS Roadster, DBS Volante and more】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう