とにかく車高低すぎ!リバティーウォーク(LB)仕様のランボルギーニ「ミウラ」風がバックするシーンを動画にて【動画有】

先日、東京オートサロン2018やリバティーウォーク(LB Performance)本社にて登場したランボルギーニ「ミウラ」風に改造された個体がバックするシーンがユーチューブにて投稿されています。
今回出展された改造「ミウラ」は、フォード「GT40」のレプリカモデルをベースにカスタムされた、「ミウラ」風に見立てたものとなるため、本物の「ミウラ」をカスタムしたわけではありません(レプリカのレプリカなのでちょっとややこしい…)。

フロントヘッドライト周りは、初期モデルにも似ており、徹底した外観に加えてリバティウォーク(LB)らしい暴走族スタイルを貫く外付けリベット留めのオーバーフェンダーと若干キャンバー角度が付いた極太ホイール(SSRマークⅢ)・タイヤ(ADVAN)セットはまさに迫力満点。

今回の動画では、リバティーウォーク本社の入口付近をバックする「ミウラ」が撮影されていますが、何しろとにかく車高が低いこと低いこと。
一応これでもエアサスペンションにて車高アップされてる「ミウラ」ですが、これで下げてしまったら、ちょっとした段差でも擦ってしまう程のシャコタン仕様となってしまいます。

ちなみにこちらの画像がフロント・リヤともに車高が上がっている状態の「ミウラ」。

こちらは車高が下がった後の「ミウラ」。
フロント・リヤ共にタイヤが上手い具合にオーバーフェンダーによって隠れていますね。

スポンサーリンク

リバティーウォークCEOの加藤氏曰く、改造車が例え世界限定モデルであろうと、超希少車種であろうとも「やろうと思えば何でもできる!」という気持ちを子供たちに見せたい一心で作り上げたとのことですが、スーパーカー世代を共にしてきた大人たちも、子供の頃の気持ちに返れる、そんな夢のある車ではないかと思います。

【libertywalk ランボルギーニ ミウラ】

ちなみに、こちらはスティーブ的視点でお馴染みの人気動画。
こちらでも詳しくLB仕様の「ミウラ」を紹介しています。

【リバティーウォークのラインナップがスゴい❗️東京オートサロンの超元気なパフォーマンス軍団! スティーブ的視点 Liberty Walk 】

【関連記事】
あのリバティーウォーク(LB)が、東京ASにてランボルギーニ「ミウラ」のオバフェン・カスタムモデルを公開【動画有】(2018/1/13投稿)
これは行くしかない!1/20(土)~21(日)はLB本社(愛知県)にて無料展示会開催、あの「ミウラ」も見れるぞ!(2018/1/19投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう