究極のMSOワンオフモデル・マクラーレン「720S」がチャリティーオークションに登場、約7,800万円にて落札

マクラーレンのスーパーシリーズ「720S」を、MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)部門によってカスタムしたワンオフモデルが、ナポリ・ウィンター・ワイン・フェスティバル・チャリティーオークションにて出品され、約7,800万円にて落札されたことがわかりました。
今回落札された収益金は、ナポリ教育財団へと寄付されるとのこと。

今回出品されたワンオフモデルの「720S」のボディカラーは、MSO特有のNerello Red(ネレッロ・レッド)にて仕上げられていて、この塗料はイタリア・シチリア州マスカリにあるフルーツのNerello Mascalese grape(ネレッロ・マスカレーゼという黒ぶどう)にちなんで命名された歴史ある名称となります。
※ちょっと話は脱線しますが、この「ネレッロ・マスカレーゼ」という黒ぶどうは、寒さに耐えうる品種であるとして、酸味が強いのが特徴となっています。

ちなみに、「720S」の更なるワンオフモデル「720S・ヴェロシティ」もこのボディカラーが採用されており、2種類の赤が混合されています。
色相としては、前面パネル・上半身のパネル、ビジュアル・カーボン・ボンネットに暗めのレッドを、それ以外はボルケーノ・レッドというカラーが使用されています。

インテリアは特別なサルドブラウンカラーのフルレザーシートを採用。
しかも、このサルドブラウンのレザーはサイドシルにも採用されるという贅沢っぷり。
また、画像では少々見にくいですが、オリジナルカスタムされたカーボンブラックレザーグリップを装備したカスタムレザーステアリングホイールが準備されています。

スポンサーリンク

なお、今回製造されたワンオフモデルの「720S」について、マクラーレン北米のトップとなるTony Joseph氏によると「今回の車両は需要と供給量を大幅に超えた一台で、この個体を手に入れたユーザーは本当にラッキーである」として、恐らく落札額以上のカスタム費用が掛かった特別な一台なのではないかと思われます。
なお、パワートレインについては、従来通り排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力720ps、最大トルク770Nmを発揮。
0-100km/hの加速時間は2.8秒、最高時速は341km/hにまで到達します。

【ワンオフモデル「720S」の関連記事】
これは渋い。オランダにて、ヴェロシティ風のマクラーレン「720S」が登場(2018/1/24投稿)
マクラーレンが早速MSO仕様による「720S・ヴェロシティ」を発表(2017/3/9投稿)
これはヤバ過ぎ。MSO仕様のマクラーレン「720S・ヴェロシティ」の実写が公開に(2017/3/12投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう