日産「ジューク」が1万台を超えるリコール。最悪の場合ブレーキが効かないかも?

自動車ニュース”Response”の記事より、日産「ジューク」がリコールを発令。
リコールの内容としては、ブレーキマスタシリンダーの不具合によるもので、ブレーキブースター内部のスプリングが製造のバラツキを考慮した設計となっていなかったために、ピストンが傾いて押されカップシールとの摺動抵抗が高くなり、ブレーキペダルを速く踏みこんだ際にカップシールが捲れることがあるとのこと。
そのため、シール部からブレーキブースター内部にブレーキ液が漏れ、そのままの状態で使用を続けると警告灯が点灯して最悪の場合、制動力が低下する(ブレーキが効かない)おそれがあるとしてリコールを発令。

対象となるのは、2015年8月3日~2017年12月11日に製造された「ジューク」1万4,615台となっています。

スポンサーリンク

改善措置としては、全車両、マスターシリンダのピストンに専用の潤滑剤を塗布する、リコール作業を行うとのことですが、すでに2件の不具合が発生済みで、事故は今のところ起きていないとのことです。

【直近のリコール関連記事】
最悪エンジンが破損するかも?マツダ「デミオ/CX-3」等のディーゼルモデルが15万台を超えるリコール
メルセデスベンツ「GLCシリーズ」がリコール。ロービームの光軸が適合していない模様
BMW「1シリーズ」等がリコール。メーターパネルに不具合有り
ブレーキランプが付かないとか事故る!VW「ゴルフ」等が1万台を超える大量リコールを発令
三菱がまたもや7万台超えの大量リコール。今度はオーバーヒートする恐れ有り
三菱「アウトランダー/デリカ」等が9万台を超えるリコール。駐車中に勝手に動き出す?!
VW「ゴルフGTI」やアウディ「Q5」がリコール。燃料漏れの恐れ有り
アストンマーティン「DB11」がリコール。AMG製パーツの流用によりエアバッグが破裂する恐れ有り
スズキ「ワゴンR」等の4WDモデルが12万台の大規模リコール。ABS作動せず、既に600件以上が発生
マセラティ「ギブリ/クアトロポルテ」が新年早々リコール。オイル漏れにより火災の恐れ大
何だと?アルファロメオ「ステルヴィオ/ジュリア」が早くもリコール。ブレーキ関連に不具合有り
アウディ「A6/A7」が大規模リコール。オイル漏れにより火災が発生する恐れ有
アルファロメオ「MiTo(ミト)」がリコール。シートベルト関連の不具合により負傷する恐れ有り
日産「セレナ」、三菱「デリカ」等31万台がリコール。電装系ショートの恐れが有り、既に8件発生
メルセデスベンツAMG「C63S」等の12車種がリコール、エアサスやESP不具合により走行に支障有り

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう