金沢輸入車ショウ2018に行ってきた。展示車を公開してみる【フォルクスワーゲン編】

本日2月3日(土)、石川県産業展示館4号館にて開催の金沢輸入車ショウ2018に行ってきました。
今回の輸入車ショーでは、石川県にある輸入車ディーラのアウディ、BMW、シトロエン、ジャガー、ジープ、ランドローバー、マセラティ、メルセデスベンツ・AMG・スマート、MINI、プジョー、ポルシェ、ルノー、ボルボ、フォルクスワーゲン、そして特別協賛のハーレーダビッドソン、マクラーレン、アストンマーティンが出展。

今回はフォルクスワーゲンの展示車を公開していきたいと思います。

関連記事:明日はいよいよ金沢輸入車ショウ2018。マクラーレン名古屋からは「570Sスパイダー」が登場(2018/2/2投稿)

今回の輸入車ショーは、生憎の大雨でありながらも非常に多くのお客さんでいっぱいであり、どのディーラスペースもとにかく人だらけ。
フォルクスワーゲンエリアは、ドイツ御三家(アウディ、BMW、メルセデスベンツ)に比べると若干お客さんの数が少ないように見えましたが、今回新たなモデルとして登場したフラッグシップ4ドアセダンの「アルテオン」への注目がとにかく異常。
「アルテオン」は、若者から中高年までが好めるようなデザインに加えて、非常に引き締まりのあるスポーツセダンといった印象で、週末での街乗りはもちろんのこと、通勤車両としても何不自由なく使える万能型のモデルとも言えそうです。

スポンサーリンク

今回フォルクスワーゲン金沢西さん、フォルクスワーゲン小松さん、フォルクスワーゲン野々市さんから出展された個体は、「アルテオン」「ゴルフ」「ゴルフ・ヴァリアント」「ゴルフR」「ゴルフ・トゥーラン」「パサート・ヴァリアント」「シャラン」「ビートル」「ティグアン」「up!」となります。

「アルテオン」


「ゴルフ」


「ゴルフ・ヴァリアント」


「ゴルフR」


「ゴルフ・トゥーラン」


「パサート・ヴァリアント」


「シャラン」


「ビートル」


「ティグアン」


「up!」

金沢輸入車ショウ2018のメーカ別の展示車両はコチラにてまとめております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう