金沢輸入車ショウ2018に行ってきた。展示車を公開してみる【ボルボ&ルノー編】

本日2月3日(土)、石川県産業展示館4号館にて開催の金沢輸入車ショウ2018に行ってきました。
今回の輸入車ショーでは、石川県にある輸入車ディーラのアウディ、BMW、シトロエン、ジャガー、ジープ、ランドローバー、マセラティ、メルセデスベンツ・AMG・スマート、MINI、プジョー、ポルシェ、ルノー、ボルボ、フォルクスワーゲン、そして特別協賛のハーレーダビッドソン、マクラーレン、アストンマーティンが出展。

今回はボルボとルノーの展示車を公開していきたいと思います。

関連記事:明日はいよいよ金沢輸入車ショウ2018。マクラーレン名古屋からは「570Sスパイダー」が登場(2018/2/2投稿)

今回の輸入車ショーは、生憎の大雨でありながらも非常に多くのお客さんでいっぱいであり、どのディーラスペースもとにかく人だらけ。
今回見てきたボルボとルノーエリアは、トータル的に見ると年齢層は高めのように感じられました。
特にボルボは40代以降の男性が多かったように感じられますが、意外にも幅広い層の女性からの支持があったように感じられます。
日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した「XC60」も展示されていることもあって、クロスオーバー人気を目の前で実感することができましたが、ここで改めて思うのは、皆さん欧州モデルに興味を持ち、積極的に「今度試乗行っても良いですか?」「見積もりさせてもらっても良いですか?」と声をかけてる人が多く、やはりこういった欧州車の展示会というのは、お客さんとディーラとの関係性を繋ぐ重要なコミュニケーションの場なのだと思いました。

スポンサーリンク

今回、ボルボ・カー金沢さんから出展された個体は、「S90」「V40」「V40・クロスカントリー」「V60・クラシック」「V90」「XC60」「XC90」。
そして、ルノー金沢中央さんから出展された個体は、「カジャー」「カングー」「ルーテシア」「ルーテシアRS」「メガーヌ」「メガーヌGT」「トゥインゴ」となります。

まずは【ボルボ】
「S90」

「V40」

「V40・クロスカントリー」

「V60・クラシック」

「V90」

「XC60」

「XC90」

続いては「ルノー」
「カジャー」


「カングー」


「ルーテシア」


「ルーテシアRS」


「メガーヌ」


「メガーヌGT」


「トゥインゴ」Part1

「トゥインゴ」Part2

金沢輸入車ショウ2018のメーカ別の展示車両はコチラにてまとめております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう