アルファロメオの特別モデル「ジュリエッタ・スポーツ」が登場。意外と控えめの120馬力を発生

アルファロメオのスポーツハッチバックモデル「ジュリエッタ」より、新たな特別モデルとなる「ジュリエッタ・スポーツ」が登場。
既存ラインアップには、排気量1.4L 直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力170psを発揮する「スーパー/スーパーパックスポーツ」、そして最上位グレードに位置する排気量1.7L 直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力240psを発揮する「ヴェローチェ」の3グレードが準備。
今回は、新たなボディキットと新たなブルーカラーに身を纏った「ジュリエッタ・スポーツ」が登場しています。

スポンサーリンク

この個体は、従来モデルとは異なるTipoとフィアット「500X」にて共有される排気量1.6L 直列4気筒JTDM-2ディーゼルユニットを搭載し、最高出力120psを発揮と意外にもパワーは控えめ。
0-100km/hの加速時間は9.4秒にて到達します。

パワーに関しては、若干物足りなさはあるものの、足回りについては、「ヴェローチェ」にも設定の17インチ合金ホイールと同じボディキットを装着し、より多くのエアを取り込むダクト、そしてブルーのボディカラーにレッドのアクセントを加えたトリムがスポーティな印象を与えます。

リヤデザインについては、リヤディフューザーと両サイド1本出しのデュアルエキゾーストシステムが装備されていますね。

実は内装も相当に力が入っていて、ダッシュボード周りにカーボンファイバトリムが採用され、ディテールポイントにはレッドのアクセントを加えています。詳細な画像は含まれていないものの、テクニカルレザー・ステアリングホイールや空調制御、クルーズ・コントロール、5インチUコネクトTMマルチメディアシステム(Uコネクトサービス付)を標準装備。
そして、安全性に関しても6エアバッグ、Q2電子ディファレンシャル&ダイナミックステアリングトルク(DST)、アンチスリップ・レギュレーション(ASR)とHill Holderを備えたESCも装備しています。
なお、この特別モデルとなる「ジュリエッタ・スポーツ」は、約314万円からの販売となりますが、排ガス出力を抑えたキットも含めると約330万円からの販売となります。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう