「8シリーズ」ベース?ジュネーブMSにて、BMWから新たな”Mコンセプト”が登場する模様

来月より開催予定となっているスイス・ジュネーブモーターショー2018にて、BMWより新たなMスポーツのコンセプトモデルが出展されることが判明。
現時点では、当コンセプトモデルのアイデンティティ等は分かっていないものの、一つだけ言えることは「スーパーカーに部類するものではない」ということ。

プラットフォームとしては、最新型の「8シリーズ」がベースになっているとのことから、「M8グランクーペ」の可能性が高いと考えられ、「M8クーペ」の他にラインアップを拡充していくると推測(現時点で既にロードモデルの「M8」の導入が確定している)。
予想されるパワートレインについては、「M860i」に搭載されるであろう排気量6.6L V型12気筒エンジンに、最高出力600psを超える個体が登場するかもしれません。

スポンサーリンク

なお、同モーターショーでは、「Mコンセプト」以外にも、「8シリーズ」や「Z4ロードスター・コンセプト」も出展予定。
これに加えてレーシングモデルの「M8 GTE」の登場も期待したいところ。

Reference:motor1.com

こちらの登場も期待できる?
関連記事:BMW「M8コンバーチブル」の開発車両をキャッチ。最高出力は600馬力以上か(2018/1/26投稿)


BMWの最上位モデルであり、更にはMスポーツ部門のトップレンジとなる「M8コンバーチブル」の開発車両をキャッチ。
競合モデルとしては、メルセデスベンツAMG「S63カブリオレ」かと思われますが、キャッチされている車両のトップルーフはソフトトップの自動開閉式であることが確認できますね。
今回、ドイツ・ミュンヘンのバイエルン本社にて目撃されていますが、以前公開された次期モデル「X5」のプロトタイプと同様の軽いカモフラージュが施されており、「M8」のよりタイトでフィット感のある筋肉質なボディラインをしっかりと確認することができます。

フロント部分においては、やや広めのフェンダーやサイドシルを確認できますし、フロントヘッドライトも恐らくプロダクションモデルかと思われます。

足回りについては、強力なブレーキング性能を発揮するために「M8」専用の大口径ブレーキディスクやブラックペイント処理されたホイールが装着されています。
サイドからのスタイリングを確認していくと、スポーツクーペを印象付けるためか、サイドドアパネルの高さとサイドウィンドウからルーフまでの高さがとにかく低いこと。車体重心を大きく下げることで走行性能を向上させるものかと思いますが、思いのほか重厚感とインパクトが強いように感じられます。

リヤデザインを確認していくと、とても2ドアクーペとは思えないほどのボリューム感…これは相当車間距離空けて走りたくなるかもです。
マフラは両サイドツイン出しクワッドタイプ。恐らくプロダクションモデルもこのスタイリングで進めるのではないかと思われます。

パワートレインについては、「M8クーペ/コンバーチブル」共通で、排気量4.4L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力600ps以上を発揮すると予想。0-100km/hの加速時間も「M5」の3.4秒よりも更に短縮してくるのではないかと思われます。
なお、ワールドプレミアについては、2019年初頭になるといわれています。

【関連記事】
BMW「8シリーズ」の量産モデルが遂にリーク。今年後半デビューに向けて着々と準備中だ!(2018/1/10投稿)
これはイケてる。BMW「M8・コンバーチブル」のレンダリングが公開に(2017/6/13投稿)
BMW「M8」のティーザー映像を公開に。秘密は多すぎるがパワートレインは「M5」と共通?【動画有】(2017/5/28投稿)
BMW「8シリーズ」と「M8」の予想レンダリングが公開に。想像以上にスポーティなデザインだ(2017/5/22投稿)
BMW「M8」が2019年に製品化か。更にコンバーチブルモデルも登場する予定(2017/3/13投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう