リバティーウォーク並みのオバフェン仕様。ポルシェ「ケイマンGT4」をRSR風にレンダリング

ポルシェ「ケイマン・シリーズ」のトップグレードに位置する「ケイマンGT4」をレーシング仕様の「ケイマンRSR」に仕上げたら?というレンダリング画像が公開されています。
今回レンダリングを担当したのは、デジタルアーティストのArian Shamil氏で、「911RSR」をベースに奇抜なカラーをチョイスしながらも過激なスタイリングを表現。

やはりこのデザインを見て真っ先に感じることは「車幅広すぎじゃね?」。
それもそのはず、リバティーウォーク(LB Performance)顔負けの幅広フェンダーに、アグレッシブなフロントバンパーによって、ワイドでありながらもエンジンはドライサンプ化することで重心を大きく下げ、それに合わせ車高もローダウン。
地上高スレッスレのレーシング仕様となっています。

スポンサーリンク

サイドから見てみれば一目瞭然。
フロントアンダーやサイドスカート、リヤディフューザー下には指一本入れるスペースも無さそうな程の低さ。
ただ、そこまでゴチャゴチャしたようなスタイリングでもなく、寧ろ外付け感が全くないスタイリッシュな仕上がりになっているところもレンダリング技術の高さを物語っています。
ボディカラーもメタリック系のライトブルーで、アンダー等にはグリーンのデカールをアクセント。

リヤデザインはこんな感じ。
今にも飛んでいきそうな装備力ですね。
リヤバンパーには固定式の大型リヤウィングを搭載し、ダイナミックなリヤバンパー付リヤディフューザー、そして両サイド一本だしの直管型エキゾーストパイプを装着。
間違いなく車検等通らない程の騒音を掻き立てることでしょう。

足回りもとにかくアグレッシブ。
特大のカーボンセラミックブレーキを搭載し、更にはセンターロック式の極太大口径アルミホイールを装着。
今回、内装は公開されていないものの、フルロールケージやレーシングバケットシートやハーネスなども装備されているとのこと(それは当たり前か…)。

パワートレインについては特に決められていないものの、「ケイマンGT4・クラブスポーツ」が妥当なところ。排気量3.8L 水平対向6気筒エンジンを搭載し、最高出力385psを発揮といったところでしょうか。
ここまで完成度の高いレーシング仕様のレンダリングも珍しいですが、意外にもこうしたレンダリングをヒントに実車製作に取り掛かるケースも少なくはない為、個人的には実現してほしい一台ではありますね。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう