その他 >近況・駄文等

福井豪雪。1,500台の立ち往生も無事解消、テレビ・報道達は自衛隊や地元民の頑張りを無視?

さて、福井県の豪雪も何とか収まり、久々の晴れ間を見た気がします。
昭和56年に起きた「五六豪雪」以来、37年ぶりの豪雪となった今年は、福井市では約140センチの積雪を記録していると報道しています。
しかし、全国ニュース等で説明する積雪高さというのは、一体何を持って何センチと説明しているのかは不明です。実際に積雪した雪の高さを測定して数値化しただけなのか、それとも雪の降る量だけを見て簡易的に算出したものなのか、この辺りは正直よくわかりません。
ただ、これだけは言わせてほしいのが、積雪量140センチというのは単なる参考数値なだけであって、実際の積雪高さはこんなものではありません。

例えばコチラの写真は、昨日の私の自宅周りの庭を撮影したものです。
私の自宅は、福井市から近いところにありますが、雪の高さからして明らかに160cmは超えているんですよね。
しかも、これを撮影したのは昨日の午前中で、夕方ごろには私の体全身を埋められるほどの高さにまで積もっています。私の身長は182センチあるので、優に180センチを超えていることがわかります。

スポンサーリンク

数時間ごとに雪かきをしても、地元で重宝している除雪機を使用しても、豪雪の猛威はとどまることを知らず、数時間後にはまた元通り。
こんなことをほぼ毎日繰り返しています。
積雪量が多くなればなるほど、雪かきする雪をどこに投げればよいのかわからなくなるほどに高く積み上がり、更には屋根周りの雪も降ろしていくともなると、気が付けば積雪高さは優に3m近くにまで上ります。
もちろん、こんなことを毎日続けていては埒はあきませんし、到底仕事等できません。

豪雪はこうしたところでも影響していました。
大型スーパーにて撮影したものですが、パン等の簡易的な食べ物はもちろん、お刺身や精肉、お菓子、お惣菜等は全て売切れ。
これは、豪雪の影響により、国道8号線(福井方面・金沢方面)の除雪作業が全く追いつかず、大型トラックや乗用車等1,500台近くが立ち往生(往復含めその距離は約20km)してしまい、物流が完全にストップしてしまったためです(ガソリンスタンドの給油も困難な状態となっていました)。
1,500台の立ち往生により、約3日間は車が1mmも動かず、車内で過ごす日々が続きます。
いつ前に進むかもわからない中、県内外から1,100人の自衛隊が派遣され、人海戦術にて除雪作業を行います(除雪車が雪に嵌まり、身動きが取れなくなってしまったため)。
自衛隊一人一人がスコップを持ち、夜通し除雪作業を行いました。

ちなみに、これだけの過酷な状況を全国ニュースが報じたのは、1,500台の車が立ち往生し、自衛隊を派遣したときだったと言います。
正直、全国ニュースを報道するマスコミというのは、こうした福井での自然災害を積極的に報道しないことに怒りを覚えました。
関東では数センチ程度雪が積もっただけでビッグニュースのように取り上げ、福井での豪雪については「北陸の人は雪に慣れているから」と心無い一言で済ませるコメンテータもたくさんいます。
雪国で長く生活を続けている人で、雪に慣れていない人はたくさんいます。
防寒対策や防寒グッズ等の準備はできていても、雪という自然の猛威は誰でも慣れるものではありません。
現場を体験したこともない人間が、簡単な言葉で、福井の被害を語らないでほしいのが私の正直な感想です。

そして、先日の全国ニュース・報道ステーションにおいても、立ち往生している車とドライバを救うために、命をかけて除雪作業にとりかかった自衛隊の皆さんに対し、「除雪できた距離はわずか1.5km」という風に伝えたときは本当に信じられませんでした。
丸一日使って、約160センチもの高さの雪を人海戦術で1.5kmという距離の雪かきをするのに、どれだけの労力と精神力が必要か。
そんなこともわからずに「わずか」等という軽はずみな発言は控えて頂きたいと感じました。
10m、いや1mでも、あれだけの高さの雪かきをしてみれば、どれだけ過酷で、それを夜通し作業する自衛隊の方々の不屈の強さがよく理解できると思います。

そして、これだけの過酷な立ち往生の中で、出荷予定であったヤマザキパンを全て配布したり、地元の餃子の王将・丸岡店が約500人分の出来立てのラーメンや餃子、焼き飯を全て無料で振る舞ったり、更にはてっちゃんラーメン・丸岡店という小さなラーメン屋さんも、ありったけの料理を振る舞ったりと、一人ひとりが一丸となって助け合う姿がとても印象的でした。
ただ、こうした出来事においても全く報道しないマスコミって「何の仕事してるんだろうなぁ」と感じてしまうのが悲しいところ。

立ち往生が解消しても、大変なのはこれから。
屋根に溜まった圧雪が落雪し、人に被害を与える凶器と化します。
これまで毎日雪かきしてきて、疲労困憊の中で、硬く重い雪を雪かきするのはあまりにも過酷です。
それだけでなく、積雪した雪が固まり、路面が滑るためにスリップ事故やスタック等の確率も更に高くなるので、更なる注意が必要です。
今週末は大雨予報となっていて、その影響により住宅の床下浸水(最悪床上浸水)の被害の恐れもあります。

来週週明けには更に大雪となります。
これから起きる第二の自然災害について、マスコミはどのように報じるのか、それとも報じないのか。ちょっと気になるところではあります。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-その他, >近況・駄文等
-, , , ,