欧州メーカ >メルセデスベンツ/AMG

メルセデスベンツAMGのハイパーカー「プロジェクト・ワン」の技術情報が明らかに。当初のスペックと異なる模様

メルセデスベンツAMGが生み出した1,000馬力超えとなる最強のハイパーカー「プロジェクト・ワン」。
世界限定275台のみ販売されたコチラの個体は、信用できる顧客1,100名の中から選出され、すでに完売済みとなっている人気モデルとなっています。

これについて、AMGの上層部が出力値や車体重量等の技術仕様を明らかとしました。
「プロジェクト・ワン」は、昨年のフランクフルトモーターショー2017にて発表され、排気量1.6L V型6気筒ターボチャージャーの小排気量ユニットと4基の電気モータを搭載するプラグインハイブリッドタイプで、これはメルセデスベンツのF1エンジンが由来となっており、回転数は11,000rpmまできっちり回すことが可能(バルブフロート無しでこのような高い回転数と速度を達成)となっています。
最高出力は1,000ps以上と過激な馬力を発揮するとのことですが、ただ具体的な数字は明らかになっておらず、AMGの担当者はシステム総出力が1,100psを超えることはないと明言。

スポンサーリンク

また、車体重量においても約1,200kg程度と言われていましたが、これについても1,300~1,400kgの間になるとのことで、これに加えてダウンフォースレベルも、車体重量の約半分となる約675kgを発生すると言われています。

「プロジェクト・ワン」の競合モデルと言われる「マクラーレン・セナ」の車体重量は、1,198kgと非常に軽量で、最高時速は340km/h、ダウンフォースは800kg、そして最高出力800ps、最大トルク800Nmと驚異的なスペックを発揮しますが、トータルバランスで見ると「マクラーレン・セナ」が圧倒的。空力特性面でもハイレベルな技術力を見せるマクラーレンは、もしかするとドラッグレースバトルにおいては「マクラーレン・セナ」が圧倒的な差を付けて勝利するかもしれません。

なお、メンテナンス面においては、「プロジェクト・ワン」はF1カーから派生したモデルでもあるため、50,000km走行したらほとんどのパーツを交換する必要があります。イニシャルコストにおいても約3億円となる同車は、ランニングコスト面でも膨大な費用が発生するものと思われます。

【関連記事】
メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」が遂に初公開。1,000馬力以上、ドアはガルウィング【動画有】(2017/9/12投稿)
メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」は、最強のF1と同じ工場にて製造。納車も2020年まで延長か(2017/10/3投稿)
【悲報】メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」が未納車であるも既に中古車市場にて販売中(2017/11/8投稿)
中古市場に登場していたメルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」がまさかの6億円台にて販売中(2017/11/9投稿)

Referene:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-欧州メーカ, >メルセデスベンツ/AMG
-, ,