スーパーカーメーカ >フェラーリ >ランボルギーニ

禁断の組合せ。ランボルギーニをフェラーリカラーにしてみた

ランボルギーニのエントリーモデル「ウラカン」に、フェラーリの定番カラーとなるロッソ・コルサに塗装したカスタムモデルが登場。
かなり光沢度の高いレッドカラーで、ランボルギーニで良く見かけるブルー系やイエロー系、グリーン系に近い光沢度がありますね。
そして、ルーフをブラックにすることでレッドカラーとのメリハリをつけるだけでなく、スポーティさが加えられています。

また、今回はフェラーリカラーに留まらず、アフターマーケットによるフロントスプリッターやサイドスカートといったフルエアロキット、足回りもカスタム。

スポンサーリンク

ホイールは、Strasse Wheels製のSM5R Deep Concave FSという型式で、グロス・ブラッシュ・チタニウム仕上げを採用。フロント20インチ×9j、リヤは21インチ×12.5jの極太仕様となっています。

若干遠目から見てみるとこんな感じ。
ロッソ・コルサのボディカラーにチタン系の極太ホイール、そしてレッドカラーのブレーキキャリパとの相性は抜群ですね。

リヤにはカーボンファイバ製リヤスポイラーが装着されていますが、こちらもアフターマーケットによる特別なカスタムパーツとなります。

国内でも頻繁的に目撃するようになったランボルギーニ「ウラカン」は、すでにトータル生産台数9,000台を突破している人気モデル。
単純に9,000通りの個性的な「ウラカン」がこの世には登場しているわけですが、こうした美しいフェラーリカラーを活かした個体というのは存在していないのではないでしょうか。
ちなみに、ランボルギーニの特別オーダーメードシステム「アド・ペルソナム」では、自分好みのボディカラーを設定することが可能となっています。恐らくロッソ・コルサもオーダー可能と思いますが、ボディカラーだけで最低でも150万円に到達するのではないかと思われます。

Reference:CARSCOOPS

こんなカスタム「ウラカン」も登場!
関連記事:あのロンドンにて目撃されたランボルギーニ「ウラカン」のカスタム工程を動画にて。130万個のスワロフスキー貼付【動画有】(2018/1/4投稿)


以前、クリスマスの夜のイギリス・ロンドンのとある街中にて、フルスワロフスキー仕様のランボルギーニ「ウラカン」が登場、という記事を紹介しましたが、今回そのスワロフスキー仕様にするための作業工程をまとめた動画をVinceri UKが公開に。
こちらのフルスワロフスキーの「ウラカン」は、23歳のロシア人女性(Daria Radionovaさん)が所有する個体で"ジュエル"をテーマにボディ全体には約130万個のスワロフスキーが貼付されているとのこと。

関連記事:オーナーは女性!ロンドンにて、フルスワロフスキーのランボルギーニ「ウラカン」が目撃に【動画有】

作業工程は至ってシンプル。
ボディ表面に特殊な両面テープを貼付し、その上からラインストーンを一個一個地道に貼付していくというもので、かなり内容としては地味ではありますが、130万個もの小さなストーンを隙間なく貼付していくというのはかなり難しい作業でもあります。

以下の画像の通り、ポップアップ式のドアハンドルにも隙間なくラインストーンを敷き詰めるためには、一つ一つのサイズをしっかりと把握し、どのような配置で貼付していくかで全てが決まってきます。そのため、ほんの少しでも貼付する配置を誤ってしまうと、微妙な隙間ができてしまい見た目が悪くなってしまうわけですね(ある意味職人技)。

実際に完成したフルスワロフスキー仕様の「ウラカン」がコチラ。
作業時間にしてどれだけなのかは不明ですが、カスタム費用だけでも相当なものだと思いますし、何よりも洗車等のメンテナンスができないというのが大きな欠点ではありますね。
ちなみに、この個体を所有するDaria Radionovaさんは、「ウラカン」以外にもメルセデスベンツ「CLS」やベントレー「コンチネンタルGT」をフルスワロフスキー仕様にカスタム済み。
どのように手入れしていたのかは不明ですが、こうしたラグジュアリー風のカスタムモデルが好みなのでしょうね。

【SHE COVERED HER LAMBORGHINI IN CRYSTALS?!】

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, >フェラーリ, >ランボルギーニ
-, ,