欧州メーカ >ルノー

ルノーの新型「メガーヌRS」が早くも中古車市場に登場。オプション無し、現車も無しの謎の一台

ドイツ・ハイゼンベルグに拠点を置くルノー・ディーラでは、新世代モデルの「メガーヌRS」がようやく販売スタートすることとなります。
しかし、この最新モデルが早くもオンライン中古車サイトMobileにて販売されています。
今回中古車サイトに出品されている「メガーヌRS」は、6速マニュアルギヤボックスでオプションは一切無し。
ただ記載されているのは、「あなたの望む通りの自由な設定が可能」と一言。つまりは、生産枠は確保されているものの、オプションなどは未だ決定されていないため、これらのオプションを加えての販売価格なのだと推測。

スポンサーリンク

現車も存在していないため、もはや冷やかし程度だとは思いますが、中古車販売価格も現地価格の約280万円よりもはるかに高額な約516万円にて販売されています。
「ラ・フェラーリ」やブガッティ「シロン」といった億超え且つ世界限定モデルで購入審査が必要な個体であれば話は別ですが、今回出品されている個体に新車価格の2倍近くの価値を設けるというのは何とも無理がありますし、こういったサイトで購入するぐらいであれば、直接ディーラにて商談を進めた方が良いのでは?と思うのが正直なところ。

ちなみに、「ルノーRS」は、4輪ステアリングやリミテッドリップディファレンシャル、スティファーサスペンション、ブレンボ製ブレーキ、ボディキット、スポーツインテリアトリムといった様々な装備が充実しています。

パワートレインは、排気量1.8L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力280ps、最大トルク390Nmを発揮。
トランスミッションは6速マニュアル又は6速デュアルクラッチトランスミッションの何れかから選択が可能となっています。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間は5.8秒にて到達し、競合モデルと言われるホンダ「シビック・タイプR」よりも僅か0.1秒遅くなりますが、走行性能面では一切引けを取らないスペックを持つ一台となっています。

【関連記事】
ルノー・新型「メガーヌ」に新たなTCeエンジンをラインナップ。最高出力は控えの165馬力(2017/10/15投稿)
ルノー・新型「メガーヌRS」の公式画像が公開。ダイナミック且つスポーティで最強の走りへ(2017/9/12投稿)
ルノーの新型「メガーヌRS」のエンジンがリーク。1.8L直噴ターボであることが判明(2017/8/14投稿)
ルノーの新型「メガーヌRS」実車が完全リーク。ダイナミック&ワイドにスポーティ全開(2017/8/11投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-欧州メーカ, >ルノー
-, ,