欧州メーカ >BMW

今回もBMWアブダビ健在。ホワイトベースの「M550i xDrive」を公開

もはや定番化しつつあるBMWアブダビのカスタムシリーズ。
これまで、数多くの個性的なカスタムモデルを公開してきたBMWアブダビですが、今回はアルピナ「B4S」に続くホワイトカラーをベースとした特別なカスタムモデルを公開。
今回カスタムを施したのは、「M550i xDrive」で、Mスポーツ部門の「M5」と共有する排気量4.4L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力456hp、最大トルク651Nmを発揮。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が4秒以下となります。

スポンサーリンク

今回、ホワイトカラーに身を纏う「M550i xDrive」は、M Performanceボディキットをインストールし、フロントエンドのキドニーグリル周りにはブラックペイント処理により引き締まりとメリハリを強調。
フロントアンダーにはカーボンファイバ製フロントスプリッターを装着することで低重心をアピール。

サイドから見ていくと、サイドスカートにはブラックトリムパーツをプラス。地上高を更に低くすることで車高全体を下げたかのような印象を受けますが、実際にはサスペンションの変更は無しとなっています。

足回りについては、フロント・リヤ共に共通の20インチのダークグレー仕上げとなるマルチスポーク合金ホイールを装着。
ホイールデザインを確認していくと、1つのスポーク形状がY字型となっていて、ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」のようなデザインに近いオシャレな足回りとなっています。
ブレーキキャリパは、これまたスポーティなブルーを選択。

リヤデザインを確認していきましょう。
重厚感のあるヒップラインに、マフラカッターと一体型となるリヤバンパーが装着されています(マフラは実際には両サイドツイン出し)。

インテリアもこれまた珍しいブラウン系。
これまではダークローズ仕上げが多かったBMWアブダビですが、新たなトレンドカラーとしての導入でしょうか。
アダルティで落ち着きのある内装ですが、ターゲット年齢層は若干高め?

助手席から見るインテリア。
オーナメントパネルには高級感のあるウッド調を採用。
国産上位グレードのセダンでもこうしたウッド調というのは非常に愛されるオプションとなっています。

【BMWアブダビ関連記事】
BMWアブダビが今年一発目にアルピナ「B4S」をカスタム。意外にも珍しいホワイトカラーにて
やっぱこのディーラは外せない。BMWアブダビが今年最後のカスタムモデル「750Li」を公開
これまたド派手。BMWアブダビがランボルギーニ・グリーンに見立てた「M3」を公開
SUVもお手の物。BMWアブダビが3Dデザインとコラボした過激な「X6 M」を公開
BMWアブダビの進化は終わらない。今度はアトランティスブルーの「750Li」を公開
またまたやってくれたぜBMWアブダビ。お次はロングビーチブルーの「M760Li」を公開
BMWアブダビが、今度はアルピナ「B4S」をカスタム。「M4」譲りのグリーンを採用へ
外装・内装共に過激レッド。BMWアブダビにてスポーティな「M760Li」が登場
これはイケてる。BMWアブダビが鮮やかなブルーの「M2」に装着したアグレッシブなエアロキットを公開
これまたド派手な。BMWアブダビにてオースティンイエローの「M760Li」が登場
これは美しい。BMWアブダビにて、今度はブロンズカラーの「M760Li xDrive」が登場
BMWアブダビにてアトランティスブルーの「M3」が公開。Mパフォーマンスパーツでまとめられたスポーツクーペ
BMWアブダビがいかにも速そうなスピードイエロー「M3」を公開
BMWアブダビが「X6M」専用パフォーマンスキットを公開。カーボンをふんだんに多用
BMWアブダビがアフターマーケットパーツを用いた「X6M」を公開に
BMWアブダビにて、鮮やかなエストリルブルーのBMW「M760Li xDrive」が公開に
中東らしい。BMWアブダビがACシュニッツァー仕様の「i8」を公開
中東らしくない。BMWアブダビが「435iコンバーチブル」の特別仕様車を公開

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-欧州メーカ, >BMW
-, , ,