米国メーカ >シボレー

1,000馬力のアメリカンマッスル。Yenko(イェンコ)がシボレー「カマロSS 1LE」をベースにカスタム

超強力なエンジンでお馴染みのYENKO/SC(イェンコ/スーパーカー)の名が付けられた2018年モデルのシボレー「YENKO/SCステージⅡカマロ」が公開されました。
この個体は、ハイパフォーマンスモデル「カマロSS 1LE」をベースにしており、カーボンファイバフードやカスタムグラフィックス、ミシュラン製パイロットスポーツ4Sパフォーマンスタイヤ、20インチアルミホイールを装着したカスタムモデルとなります。

インテリア画像は公開されていないものの、レカロスポーツシートや特殊なドアプレート、刺繍入りフロントフロアマット等スポーティでありながらもVIP仕様に仕上げられたインテリアを実現しています。

スポンサーリンク

パワートレインとしては、排気量6.2L→6.8Lに拡大されたLT1 V型8気筒エンジンスーパーチャージャーを搭載し、更には新しいクランクシャフト、CNC移植ヘッド、鍛造アルミニウムピストン、インジェクタ―使用の新ロッドと改良版燃料システムを導入することでパフォーマンスを向上しています。
最高出力は驚異の455hp→1,000hp、最大トルク616Nm→1,185Nmを発揮します。

パフォーマンスとしては、足回りには磁気式ライドコントロール、電子式リミテッドスリップディファレンシャル、"ブッシュやスプリング、スタビライザーバーを備えたパフォーマンスチューン式サスペンション"、アップグレード版冷却システムを装備しています。
生産台数は僅か25台となっていますが、全てマニュアルトランスミッションを装備したクーペモデルのみという走り屋仕様。
価格設定については特に記載はないものの、現在注文可能とのことです。

Reference:CARSCOOPS

こちらが通常の「カマロSS 1LE」
関連記事:中々のインパクト。ジュネーブにて、シボレー「カマロSS 1LE」が公開に(2017/3/11投稿)


先日より開催中のスイス・ジュネーブモーターショー2017において、シボレー「カマロ」をベースに足回りをチューニングした「カマロSS 1LE」のコンセプトモデルを公開しました。
このコンセプトモデルは、足回りや駆動系を中心にカスタマイズされ、本来のベース「カマロ」に搭載される排気量6.2L V型8気筒エンジンを最大限に発揮するために改良がくわえられたものでもありますね。

その他にも、スポーツタイプの磁気ダンパーや電子リミテッド・スリップ・ディファレンシャル、ブレンボ製ブレーキセット、約30mm程ローダウンした専用スポーツサスペンション等も装着。

エクステリアはグリーンのボディカラーに、かなりのビッグサイズとなるブラックカラーのセンターストライプも入っていて相当なインパクトが与えられていますね。

また、内装においてもレカロシートやスエードの膝パッドを装備。
アルミ製のペダルやかなりフラットステアリングホイール等、レーシングに特化したデザインとなていますね。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-米国メーカ, >シボレー
-, , ,