ベトナムメーカ・VinFastがピニンファリーナデザインのセダン&SUVを公開へ

ベトナムの自動車メーカ・VinFastは、昨年に自社ブランドのセダンとSUVモデルのデザイン案20案を発表・投票を行いましたが、今回その中から各1案ずつを遂に発表。
提出されたデザイン案は、イタリア系の設計事務所となるピニンファリーナとザガート、トリノ、イタルデザインの4社で、その中から消費者62,000人が投票し、見事に選出されたのがピニンファリーナデザインとなりました。
VinFastによると、今回選出したデザインは、”ベトナム・テイスト”がしっかりと表現されていて、世界のトレンドに見合った一台であったとのことが大きな選定要素と言われています。

スポンサーリンク

各モデルについてはほとんど情報が明らかとなっていないものの、セダンのレンダリング(ブルーのボディカラー)については、スリムなLEDヘッドライトとスタイリッシュなフロントフェイスがグリルに溶け込むように一体化され、フードのプレスラインも複雑ながらセクシーなボディラインが表現されています。

レッドのボディカラーはSUVモデルのレンダリング。
こちらはやはり全高が高く、プラスチック製のボディクラッディング、アグレッシブなアルミホイールとホイールアーチ、ルーフレールを採用。
ルーフラインも非常に滑らかで、クーペのような引き締まったスタイリングの印象を受けますね。

なお、これらの個体は全てベトナム初の自動車ブランドとなる予定で、2019年9月に発売を予定しています。
計画がスムーズに進めば、2025年までには50万台を生産すると発表していますが、やはりブランド力やコスト、品質といった面ではこうした目標を達成するのはかなりハードルが高いと思われますが、同国以外にも欧州やアジアでも販売拠点を展開していくと思われます。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう