男前過ぎるぜマットブラック。メルセデスベンツAMGが「G63 Edition1」を発表

メルセデスベンツAMGより、最初の1年だけ生産される特別モデル「G63 Edition1」が発表されました。
最近のスーパーカー等で見られる、ローンチエディションのようなものと思われますが、今回のモデルはメルセデスベンツの新たなパフォーマンス・オフローダのデビューバージョンとして外観と内装を(マット系)ブラックとレッドのアクセントに限定することで、非常に引き締まるのある特別な一台を提供します。

フロントエンドデザインにおいては、ハイエンドモデル「GT R」と同じパナメリカーナグリルを採用し、AMGバッジの追加はもちろんのこと、機能性においては3モードアダプティブダンパーも標準搭載しています。

足回りにおいても、特大の22インチのマットブラック仕上げとなるアルミホイールを装着し、こちらにもレッドのアクセントトリム、ブレーキキャリパを備えることでメリハリを強調しています。
サイドアンダーからチラっと見えるのはまさかのデュアルエキゾーストパイプ。

インテリアもオシャレにブラックを基調としたレッドのアクセントを加えるフルレザーシートを採用。
更には、レッドのボルスターやカーボンファイバトリムによって高級感も演出されています。

なお、パワートレインは排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力585ps、最大トルク850Nmを発揮します。
トルク配分としては前後40:60で、駆動方式は四輪駆動(AWD)、トランスミッションは9速オートマチックトランスミッションを搭載します。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が4.4秒、最高時速は220km/hとなっていますが、AMGドライバーパックのオプションにより240km/hにまで引き上げることが可能となっています。

Reference:CARSCOOPS

関連記事:愛着のもてる一台。メルセデスベンツAMG・新型「G63」が3月ジュネーブにて公開へ(2018/2/1投稿)


先日、約40年ぶりに初めてのフルモデルチェンジを果たしたメルセデスベンツのSUVモデル「Gクラス」。
今回、「Gクラス」のハイパフォーマンスモデルに位置するAMG「G63」も併せてフルモデルチェンジを果たし、更には来月3月のスイス・ジュネーブモーターショー2018にて世界デビューすることが決定しました。
AutoNewsによると、「Gクラス」のマーケティングマネージャーであるIan James氏の説明では、AMGの「G63」は”あまり人気は無くても、遠のいていくことのない愛着のあるモデル”と言われており、根深いユーザーからの支援により復活したモデルと言っても過言ではないかもしれません。

関連記事:メルセデスベンツ・新型「Gクラス」が案の定早くも転売。新車価格よりも約400万円高い約2,000万円にて販売中(2018/1/19投稿)

今回のフルモデルチェンジにより、外観はもちろんのこと、室内空間といった視覚的なアップデートに加え、シャシーの調整、ブレーキの改良、そして改良を重ねた排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載することで、最高出力612ps、最大トルク850Nmを発揮します。

今回発表される新型「G63」以外にも、トップレンジモデルとなる「G63S」も登場する可能性はありそうですが、V型12気筒エンジンを搭載しての登場かどうかは不明となっています。
ただ、その一方で新たなグレードとなる”G53″も登場するかもしれない、との噂も浮上していますが、これについては当日のジュネーブモーターショー2018にて明らかになるのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう