またまた登場のトヨタ「スープラ」。ディテール部もほぼ完成、フロントマスクはこれで決定?

つい先日も目撃されたばかりのトヨタ「スープラ」の開発車両ですが、今度は積載車両に収納されたほぼ完成形がキャッチされています。
今回この開発車両をキャッチしたのはSupraMKVフォーラムのメンバーで、これまで目撃されてきた開発車両の中でも、通常より少ないカモフラージュとなっており、更には新たなディテールポイントが明確になっています。
フロントエンドを確認すると、エアインテークの最終デザインと思われる形状やヘッドライト直下にある新たなベント等も確認。

サイドスカートにおいても、以前のプロトタイプよりもスポーティに見え、後輪付近にもベントがあることが確認でき非常にスポーティ。
アルミホイールも(多分17~18インチ)マルチスポークタイプでかなりクールですし、オプションによって更にスポーティ且つラグジュアリーなホイールも登場するかもしれません。

スポンサーリンク

ちなみに、市販モデルの新型「スープラ」は、全長4,780mm×全幅1,855mm×全高1,290mmで、ホイールベースは2,470mm、車体重量1,496kgと前モデルよりも短く且つ軽量になるといわれています。
なお、パワートレインについては、上位グレードの排気量3.0L 直列6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力335hp、最大トルク500Nmを発揮するとのことですが、更に下位グレードの直4 2.0Lターボモデルも登場予定となっています。
トヨタは、来月のジュネーブモーターショー2018にて、同モデルの”現代のレーシングコンセプト”モデルをプレビューする予定で、同社が「最も象徴的なスポーツカーを市場に送り込む」と意気込み。

レーシングコンセプトについては、特にこれといった言及はしていないものの、フロントスプリッターやカナード、センターロックホイール、ブリヂストンタイヤを装着するなどの非常にアグレッシブなスタイルであることも確認済みとなっています。

【関連記事】
トヨタ・新型「スープラ」のGRMNレーシングモデル画像がリーク。FT-1をそのまま具現化?(2018/2/16投稿)
珍しい組合わせ。BMW「Z4ロードスター」と次期「3シリーズ」、そしてトヨタ・新型「スープラ」の開発車両をまとめてキャッチ(2018/2/15投稿)
発表は3月6日、ジュネーブMSにてトヨタ「スープラ」のレーシングモデルが登場することが判明(2018/2/13投稿)
トヨタ・新型「スープラ」のスペックがリーク。BMW「Z4」同様に340馬力の8速AT採用へ(2018/2/13投稿)
【朗報】トヨタ・Gazooブランド「スープラ」がジュネーブモーターショーにて登場決定へ(2018/1/13投稿)
ニュルにて、今年初のトヨタ「スープラ」開発車両を捕捉。未だ「スープラ」に置換る名前が決まらず【動画有】(2018/1/9投稿)
一体なぜ?トヨタ・新型「スープラ」が来年のデトロイトモーターショーに登場しないことが判明(2017/12/5投稿)
そうなの?トヨタの新型2ドアクーペは「スープラ」と呼ばれない可能性が浮上(2017/12/4投稿)
トヨタ・新型「スープラ」の開発車両をまたまた捕捉。タイヤはミシュラン製18インチPSSタイヤで決定(2017/11/18投稿)
トヨタ・新型「スープラ」の開発車両を捕捉。スタイリングや足回り等もアップデートし徐々にその姿も明らかに(2017/10/29投稿)
トヨタ・次期「86」の予想レンダリングが公開。新型「スープラ」をベースにGRよりも過激な一台に?(2017/10/7)
BMWとトヨタの共同開発モデル「Z4」、BMW「スープラよりも絶対ユニークになる」(2017/10/2投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう