関東にて、パープルカラーのランボルギーニ「アヴェンタドールSV」が登場。オーナーも女性でインパクト倍増【動画有】

世界限定600台と言われるランボルギーニのハイパフォーマンスV型12気筒モデル「アヴェンタドールSV」。
オプション諸々込ともなると約6,000万円は優に超えるスーパーカーですが、この個体を乗り回すオーナーが関東にも複数存在し、更にはそのオーナーの中に女性が存在しているというのもかなり驚きですね。
ボディカラーは、何とも珍しいパープルカラーとなっていますが、関西アヴェンタ会のリーダーが所有する「アヴェンタドールSV・ロードスター」のボディカラーもオンリーワンカラーとなるパープル系Viola Virgo。
このオンリーワンカラーとはまたちょっと異なる色合い(Viola Opheliaや30th Lavenderでも無い感じ)ではありますが、これまでには見たことの無い色相を持ち、恐らくランボルギーニのアド・ペルソナムプログラムによって生み出された特別塗料なのだと思われます。

関連記事:いざ出陣。関西アヴェンタ会2017のPV動画がクールすぎる件【動画有】(2017/5/24投稿)

スポンサーリンク

足回りには、ランボルギーニ純正のフロント20インチ、リヤ21インチの異径タイプとなるセンターロック式ディアンタス(Diantus)ホイールを装着し、センターロックキャップもパープルカラーというところに大きな拘りがありますね。
おまけにブレーキキャリパカバーはスパルタンにもブラックをチョイスするところもかなりのセンスを感じます。

エンジンベイはガラス製かカーボンファイバのいぞれかより選択可能となっていますが、やはり見た目重視で考えるとカーボンファイバをチョイスするのも納得。

サイドウィンドウには諸星一家、ランボルギーニ麻布さん、パワークラフト(通称:パワクラ)のステッカーも貼付されていますね。

リヤデザインを確認していくと、純正且つド派手なリヤディフューザーに加えて、パワクラ仕様のセンターマフラーを装備。
エキゾーストサウンドがたまりません。
リヤクォーターパネルにはビッグ”SV”ロゴが表記されていますが、こちらはオプションにてステッカーかペイントにて設定が可能。いずれも50万円を超える高額オプションとなります。

女性がパープルカラーの「アヴェンタドールSV」を操るというのは何とも珍しい光景ではありますが、やはりこうした女性のランボルギーニオーナーがいらっしゃるというのは嬉しいことですし、今後も更に増えていってほしいところです。

【女性がアヴェンタドールSVを乗り回す光景は異様】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう