欧州メーカ >メルセデスベンツ/AMG

660馬力のモンスタースポーツ。EdoコンペティションがメルセデスベンツAMG「GT R」を容赦なくカスタム

2018/02/21

フェラーリやランボルギーニ、ケーニグセグといったスーパーカーメーカも手掛けるEdo Competition(エド・コンペティション)が、メルセデスベンツAMGのトップレンジモデル「GT R」を過激にチューン。
今回カスタムが施されたのは、Ahlenチューナをベースとした一台で、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンはそのままに、ECUセットアップによって最高出力585ps→660ps、最大トルク700Nm→780Nmへとチューンアップ。

スポンサーリンク

外観においては、足回りのサスペンションを専用スポーツタイプへと履き替えることで、フロント25mm、リヤ20mmローダウンし、更にはエキゾーストパイプも純正から可変エキゾーストコントローラ付となるセンターパイプへと変更。
リヤバンパーも一部変更されていて、リヤディフューザーもエキゾーストパイプと一体型でコンパクトになるも非常にアグレッシブに変化しています。おまけにリヤセンターのメルセデスバッジの右下には”Edo Competition”バッジが貼付されていますね。

パフォーマンスとしては、純正では最高時速318km/hと公表されていますが、今回のチューンアップにより340km/hへと向上しています。

ホイールやタイヤについては純正モデルをそのまま着用。
若干のローダウンにより、ホイールがツラウチとなっていますが、この辺りは更に極太の社外ホイールを装着するなどでツライチ&ドレスアップを図ることが可能となっています(Edo Competitionとしては、適合する専用ホイールを開発中だとか)。

【関連記事】
Edoコンペティションがポルシェ「911ターボS」をカスタム。+100馬力向上、0-100km/hは2.7秒で価格は3,000万円超え(2017/12/18投稿)
エド・コンペティションにより過激チューンされたポルシェ「911ターボS」がアウトバーンで時速360km/hを記録【動画有】(2017/7/28投稿)
エド・コンペティションがケーニグセグ「CCR」のカスタマイズを公開。最高時速は390km/hに到達(2017/3/10投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-欧州メーカ, >メルセデスベンツ/AMG
-, , ,