フェラーリ「488Pista(ピスタ)」が遂にリーク。最高出力700馬力以上、ライバルはポルシェ「911GT2RS」だ

フェラーリのミドシップV8ツインターボモデル「488GTB」のハイパフォーマンスモデルの名称が「488Pista(ピスタ)」であることが確定しました。
この個体は、「458スペチアーレ」の後継モデルとして登場し、パワートレインとしては「488GTB」ベースとなる排気量3.9L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力700ps以上(噂によれば720ps)を発揮します。
性能としては、「488GTB」と比較して車体重量が10%軽減され、レーシングモデルとなる「488チャレンジ」並みの加速性能を持つといわれています。
※「Pista(ピスタ)」とは、イタリア語で滑走路を意味します。

スポンサーリンク

「488ピスタ」は、フェラーリ史上最もハードコアなモデルとして登場するだけでなく、エンジン性能はもちろんのこと、トラックにフォーカスをあてたボディワークにより、驚異的なダウンフォースを発生させるとのこと(現時点ではどの程度の数値かは不明)。
フロントスプリッターも新しいデザインへと変化し、全く新しい外観を得ています。そして、車両のフロントフードには、かなり大型ともいえるダクトが設けられることで、空冷効果を高めるといわれています。

リヤデザインもかなりド派手なデザインへと変化し、カーボンファイバパーツを使用した大型リヤディフューザーや、大型の単眼リヤテールランプ、そして大口径デュアルエキゾーストパイプなども装備。
リヤスポイラーについては、速度等の変化に応じてウィングの向きが変わる可変式となっています。
ちなみに、その他のスペックについても諸々明らかとなっており、車体重量は標準の「488GTB」よりも90kg軽い1,280kgを実現し、0-100km/hの加速時間は2.85秒を実現。これはポルシェ「911GT2RS」よりも僅かに0.05秒遅いとのことですが、空力特性や走行性能おいては「911GT2RS」を上回ると言われています。

インテリアにおいては「488GTB」同様の造りとなっていますが、速度メータやインフォテイメントディスプレイ等には若干の変更がありそうですね。
なお、このモデルは限定モデルとして発売されることはないとのことですが、以前の記事でも公開した通り、購入条件が非常に厳しい一台となっています。
なお、価格帯についても大きくは触れられてはいませんが、車両本体だけでも最低3,300万円以上の可能性が高いとのことです。

【「(仮)488GTO」関連記事】
フェラーリ「(仮)488GTO」のティーザー映像が公開。ジュネーブMSの公開もほぼ濃厚に【動画有】(2018/2/14投稿)
フェラーリ「(仮)488GTO」の正式名称は「488VS」?まさかの購入条件もリーク(2018/1/27投稿)
結構似てる?フェラーリ「(仮)488GTO」と「458スペチアーレ」のデザイン比較してみた(2018/1/24投稿)
フェラーリ「(仮)488GTO」が遂に世界初公開。アグレッシブな顔つきでまさしくスペチアーレ(2018/1/24投稿)
フェラーリ「488GTO(仮)」の資料やスペックがリーク。「ラ・フェラーリ」よりも速いとの噂(2018/1/19投稿)
フェラーリの次期V8モデルは「488GTO」ではなく「488スペシャルシリーズ?」。CARBがリークしたオフィシャル文書から判明(2018/1/5投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう