エンジンは3種類?!メルセデスベンツAMGの4ドアセダン「GTクーペ」がほぼカモフラージュ無しでキャッチ

来月より開催となるスイス・ジュネーブモーターショー2018にて、メルセデスベンツAMGの4ドアセダンモデル「GTクーペ」の開発車両をキャッチ(本来であれば「GTセダン」なのですが、なぜか「GTクーペ」というややこしい名称に)。
次期プレミアムスポーツセダンとして登場が期待される「GTクーペ」ですが、今回はカモフラージュほとんど無しの迷彩ボディに身を纏っていて、4ドアセダンのスタイリングはもちろんのこと、フロントエンドデザインやヘッドライト、エンジンなども明らかとなっています。

スポンサーリンク

今回テスト走行中であった「GTクーペ」は、ポルシェ「パナメーラ」の競合モデルとしての登場も期待される一台となっていますが、従来の2ドアクーペ「GTクーペ」に比べて、全長は若干長く、全高も少し高くなるといわれています。
具体的なサイズ差は不明となるも、ポルシェ「パナメーラ」よりもサイズアップされ、更には室内空間においても快適性が満たされる一台で、実用度は非常に高くなっているとのこと。

サイドからのスタイリングを見てもわかりますが、居住空間を確保するためにリヤシートスペースを拡大したのか、リヤオーバーハングがかなり長めに設けられていますね(正直不格好に見える)。
ただ、車高アップを最小限に抑えるためにAピラーの傾斜角は非常に際どく、ルーフラインはフラット部が少なく、緩やかな傾斜を描いています。

リヤエンドは、雪を蹴り上げるような走行を繰り返していたためか、若干雪によってデザインがカモフラージュされています。
ただ、リヤスポイラーやリヤテールランプ、両サイドツイン出しのクワッドエキゾーストパイプ、リヤディフューザーとスポーツセダンの中でも特にアグレッシブなスタイリングを持っています。

足回り等については、この個体は「EクラスW213」や「CLS C257」のようにMRAプラットフォームをベースとしていて、コスト面も意識してトランスアクスルトランスミッションを未採用。
駆動方式としては四輪駆動(AWD)を搭載するといわれています。

エンジンにおいては、現時点で3種類ラインナップされる予定となっています。
まずは、他のAMGモデルでも見られる排気量4.0L M177型V型8気筒ツインターボエンジンが2種類準備(その内の一つはV8+電気モータ搭載のハイブリッドで最高出力800psを発揮?)され、3つ目は最近明らかとなった「E53/CLS53」と同じマイルドハイブリッド搭載の排気量3.0L 直列6気筒エンジンモデル、つまりは”53”モデルが適用される可能性が高いといわれています。

関連記事:メルセデスベンツAMGの4ドアモデルは「GTセダン」ではなくて「GTクーペ」?「CLS63」の置き換えモデルに(2018/2/15投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう