「BBS」じゃなくて「885」ホイールメーカが遂に販売停止処分へ。消費者混乱で賠償金支払いも

ドイツの高級アルミホイールメーカである「BBS(ビー・ビー・エス)」の名を見事に利用したフィンランド・Vannetukku社の代表的ホイールブランド「885(ハチ・ハチ・ゴ)」が、このたび法廷闘争によって敗北したことがわかりました。
この情報は、既にBBSから報告されていて、訴追にて勝利するまでの概要も記載(以下参照)。

<概要>
・BBSのブランドが持つ価値は世界的に認識されています。
・BBSは30の海賊版販売業者と闘争中です。
・市場価値を保護するため、BBSは巨額の投資を行っています。
・BBSは2018年から認証ホログラムシールを導入予定です。

ドイツの高級アルミホイール製造業者であるBBSは、Vannetukku社との法廷闘争に勝利した。
Vannetukku社はフィンランド最大のタイヤホイール販売ウェブサイトの一つで、「885」というブランドを通じて意図的にBBSホイールと類似した製品を販売していた。
また、885は「ル・マン」や「クラシックRS」といった名前で製品をラインナップしており、これらはBBSのホイールデザインを模倣しているだけではなく、モータースポーツを起源とした製品に見せかけて販売していた。
2017年1月27日、フィンランドの裁判所は、「Vannetukku社が使用している885ロゴは消費者を混乱させるものであり、国際的に登録されているBBSの商標(FI-Marke No 122033)を侵害するものである。
それに気づきつつも、BBS社の登録商標に類似したロゴを使用してきた事は少なからず過失責任があると言える。」とした判決を下した。
また、今後の885商標使用を禁じた上で、BBS社に対する賠償金を支払う事をVannetukku社へ命じた。
フィンランドの裁判所での闘争は最終判決を迎えたが、諸外国では未だ進行中の訴訟が数多くある。

スポンサーリンク

Vannetukku社といえば、上記の報告内容にも記載の通り、フィンランド最大のタイヤホイールを販売するウェブサイトの一つで、「885」ブランドも「BBS」デザインを安価で購入できる兄弟ブランドのような立ち位置でした(中には本当に”兄弟ブランド”と勘違いする消費者も)。
特に「885」を有名にしたシリーズが「ル・マン」や「クラシックRS」と言われていますが、見た目は完全に「BBS」のメッシュデザイン。
正直「これ、885だよ」って言われなければ誰も気づかないレベルのクオリティとなっています。

今回の一件で、フィンランドの裁判所としては、Vannnetukku社がブランド化していた「885」は、消費者を混乱させるだけでなく、BBSブランドの商標を侵害するとして、「885」は販売停止処分&賠償金支払い命令が下されています。

Reference:Response

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう