Noviteカスタムのランボルギーニ「アヴェンタドール」。ホログラムラッピングで更にド派手に

過激チューナ・Novitecカスタムによって変貌を遂げたランボルギーニ「アヴェンタドール」を、ホログラム風ラッピングにてさらにド派手に。
今回この個体をカスタムしたマレーシアを拠点とするカーラッピング専門のDreams Factory Automotiveが、あらゆる角度からでも光を反射する特別なラッピングを作成。

スポンサーリンク

このホログラムラッピングは、3MのTron反射ライナーを持っていて、「アヴェンタドール」の特徴ともいえる複雑なプレスラインを上手く活用し、究極の立体感を演出。
ブルーとパープルの不規則な配色のラッピングも中々に高度な仕上がりと言えますが、これだけ複雑な構造を持つ「アヴェンタドール」の表面に上手くラッピング処理していくメーカ技術も相当なものですね(特にフロントエアインテーク周りのラッピング処理は感動的)。

ルーフはマットブラック風ラッピングに仕上げられていますね。
リヤデザインやリヤディフューザーのディテールポイントにも一切妥協の無いホログラム風ラッピング施工が…これもまた素晴らしい技術。

まるでアートのような仕上がりとなった「アヴェンタドール」。

こちらは、Noviteカスタムによって装着されたフロント20インチ、リヤ21インチのダブルVスポークカスタムホイール。ブロンズとブラックのツートンカラー仕上げが何とも渋いです。

エキゾーストシステムも変更され、ECUのアップグレードも実装済み。
排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンはそのままに、最高出力700ps→728psにまで引き上げられています。

Reference:CARSCOOPS

玉虫カラーラッピングのランボルギーニ「アヴェンタドール」はいかが?
関連記事:これは綺麗だ 玉虫色にラッピング施工されたランボルギーニ「アヴェンタドール」が目撃される(2016/8/13投稿)

20160815_5_%e3%82%a2%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab

カナダにて、玉虫色のプリズムラッピングが施工されたランボルギーニ「アヴェンタドール」が目撃されました。
このプリズムラッピングだけでどれだけの価格になるかは不明なのですが、「アヴェンタドール」はなぜかフルラッピングの対象になることが多いですね。

なお、プリズムラッピングを施工するまでに要した日数は約2か月とされていますが、これは玉虫色のラッピングを注文して納品されるまでに要した日数をほとんどを占めているとのことです。
ラッピング自体は約2日程で完了したとのこと。

20160815_3_%e3%82%a2%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab

20160815_1_%e3%82%a2%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab

20160815_4_%e3%82%a2%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab

20160815_2_%e3%82%a2%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう