メルセデスベンツAMG・4ドアセダン「GTクーペ」のティーザー画像が公開。ハイブリッドモデルも登場する?

いよいよ明後日に控えたスイス・ジュネーブモーターショー2018。
同モーターショーにて、メルセデスベンツAMGのハイパフォーマンス4ドアモデル「GTクーペ」のティーザー画像が公開されました。
ティーザー画像を確認する限り、フロントエンドグリルは垂直型のパナメリカーナグリルを採用し、大型のエンブレムバッジを貼付。
幅広ともいえるエアインテーク、マルチスポークタイプのアルミホイールを装着していますね。
フロントヘッドライトには、C形状シームレスのLEDデイタイムランニングライトを採用(個人的にかなり好みなデザイン)。

スポンサーリンク

リヤデザインを確認していくと、「GT R」並みのド派手なリヤディフューザーを装着。4ドアセダンにしてはかなりアグレッシブなスタイルとなっています。エキゾーストパイプはセンターデュアルタイプの可能性がありそうですね。
そして、広々としたリヤテールランプもさり気なくC形状となっています。

エンジンにおいては、現時点で3種類ラインナップされる予定。
まずは、他のAMGモデルでも見られる排気量4.0L M177型V型8気筒ツインターボエンジンが2種類準備(その内の一つはV8+電気モータ搭載のハイブリッドで最高出力800psを発揮?)され、3つ目は最近明らかとなった「E53/CLS53」と同じマイルドハイブリッド搭載の排気量3.0L 直列6気筒エンジンモデル、つまりは”53”モデルが適用される可能性が高いといわれています。
名称については、メルセデスベンツAMG「GTクーペ」の派生モデルとなる4ドアセダンの「GTセダン」と思われていましたが、どうやらこの個体の名称が2ドアクーペタイプの「GTクーペ」と全く同じモデル名になるといわれています。

【関連記事】
エンジンは3種類?!メルセデスベンツAMGの4ドアセダン「GTクーペ」がほぼカモフラージュ無しでキャッチ(2018/2/21投稿)
メルセデスベンツAMGの4ドアモデルは「GTセダン」ではなくて「GTクーペ」?「CLS63」の置き換えモデルに(2018/2/15投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう