あれ?メルセデスベンツAMGの4ドアセダン「GTクーペ」が早くもリーク

明後日より開催されるスイス・ジュネーブモーターショー2018。
同モーターショーにて、メルセデスベンツAMGのハイパフォーマンス4ドアセダン「GTクーペ」(毎度のことながら4ドアセダンなのに”クーペ”という紛らわしさ…)の画像がまさかのリーク。
解像度はそこまで高くないものの、ハッキリとフロントエンドデザインとスタイリングを確認することができます。

スポンサーリンク

フロントエンドデザインには、「GT R」にも採用のパナメリカーナグリル、クーペデザインに近いスタイリング、フラット部をほとんど無くしたルーフライン、そしてリヤウィングが装着されています。
足回りについては、マルチスポークタイプでマットブラック塗装の鍛造アルミホイール、イエローカラーのブレーキキャリパカバーを装着(ブレーキディスクはもしかするとカーボン製?)。
フロントヘッドライトには、C形状のシームレスLEDデイタイムランニングライトと二眼LEDヘッドライトを搭載しています。
デザインにおいては、ダイナミックさが増大し、新世代「CLS」と差別化され旧世代「CLS63」よりも高級感、アグレッシブさが加えられ、機能性も充実。

エンジンにおいては、他のAMGモデルでも見られる排気量4.0L M177型V型8気筒ツインターボエンジンが2種類準備(その内の一つはV8+電気モータ搭載のハイブリッドで最高出力800psを発揮?)され、3つ目は「E53/CLS53」と同じマイルドハイブリッド搭載の排気量3.0L 直列6気筒エンジンモデル、つまりは”53”モデルが適用される可能性が高いといわれています。

なお、競合モデルとしては、今年後半に発売予定のBMW「M8グランクーペ」やアウディ「RS7スポーツバック」、ポルシェ「パナメーラ」と言われています。

【関連記事】
メルセデスベンツAMG・4ドアセダン「GTクーペ」のティーザー画像が公開。ハイブリッドモデルも登場する?(2018/3/4投稿)
エンジンは3種類?!メルセデスベンツAMGの4ドアセダン「GTクーペ」がほぼカモフラージュ無しでキャッチ(2018/2/21投稿)
メルセデスベンツAMGの4ドアモデルは「GTセダン」ではなくて「GTクーペ」?「CLS63」の置き換えモデルに(2018/2/15投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう