欧州メーカ >ポルシェ

【レンダリング】これはハイセンス!ルビースターにゴールドホイールのポルシェ「911GT3RS」が公開

ポルシェのフェイスリフト版となるハイパフォーマンスモデル「911(991.2)GT3RS」のボディカラーをルビースターカラー、ルーフをカーボン仕上げ、ホイールをゴールドにペイント処理した過激レンダリングが公開されています。
今回、レンダリングを担当した人物は不明でありながら、自称「ポルシェ愛好家」ということで、公開された過激な個体以外にも100点以上のポルシェのレンダリングを作成するほどのポルシェラバー。

スポンサーリンク

足回りについては、サテンオーラム(Satin Aurum)と呼ばれる特別なゴールドアクセントカラーで、カーボンファイバ製大型リヤウィング、ホイールロールケージ、イエローのブレーキキャリパカバー、カーボン・セラミックブレーキを装着。
過激なボディカラーに加えて、ホイールデザインも過激に仕上げてくるところはかなりのハイセンスといったところ。

ちなみに、フェイスリフト版「911GT3RS」では、ポルシェ「918スパイダー」や「911GT2RS」にのみ適用されるヴァイザッハパッケージも準備されていて、こちらのオプションは約200万円からとなっています。
内訳としては、ルーフやフロントリッド、リヤウィング、ミラーハウジング等にカーボンファイバを使用し、またシャシーやアンチロールバー、エンドリンク、インテリアのトリムアップデート等にもカーボンファイバが無数に使用されることに。

「911GT3RS」のパワートレインについては、モータースポーツの技術とノウハウを蓄積した排気量4.0L 水平対向6気筒自然吸気エンジン(公道仕様)を搭載し、最高出力500ps→520ps/9,000rpmを発揮。
車体重量も軽量化(具体的な数値は不明)され、0-100km/hの加速時間は3.2秒から0.1秒短縮の3.1秒、最高時速は+2km/hアップの312m/hにまで到達。トランスミッションは7速DCT(PDK)のみとなります。
その他にも、新たな機能としてリヤキャリブレーション後輪ステアリングシステムを搭載します。


【関連記事】
ポルシェ「911GT3RS」のスペックが明らかに。0-100km/h加速は3.2秒、ヴァイザッハパッケージも設定可能に(2018/2/22投稿)
ポルシェ・次期「911(991.2)GT3RS」の詳細が明らかに。エンジン変わらず、最高出力は+20馬力アップの520馬力に(2018/2/6投稿)
ポルシェの次期「911GT3RS」は排気量4.0L→4.2Lへ?マニュアルも設定無しの可能性も(2017/11/10投稿)
これマジ?ポルシェの新型「911GT3RS」に排気量4.2Lが設定に。但しマニュアルは無し(2017/3/30投稿)
ポルシェの次期「911GT3RS」の開発車両を捕捉。まさかのマニュアル仕様も登場か?(2017/7/6投稿)
ジュネーブにて公開されたばかりの2018年新型モデル:ポルシェ「911GT3」をルビースターにしたレンダリング画像が公開に(2017/3/10投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-欧州メーカ, >ポルシェ
-, , ,