スーパーカーメーカ >フェラーリ

超クールなシルバーボディ&ブルーストライプ。フェラーリ「488ピスタ」が一部フライング公開

本日より開催のスイス・ジュネーブモーターショー2018にて、「488GTB」のハードコアモデルで、「458スペチアーレ」の後継モデルでもある「488ピスタ(Pista)」のフロントデザインのみが早くも公開されています。
同モーターショーにて公開されている個体は、何とも珍しいシルバーカラーをベースに、ブルーのダブルセンターストライプを加えた激渋スポーツ仕様。

スポンサーリンク

フロントエンドには、いくつかの露出したカーボンファイバパーツが多く見られますが、実はホイールも有償オプションとなるカーボンファイバホイールが装着されていますね。

今回登場している「488ピスタ」のパワートレインは、「488GTB」ベースとなる排気量3.9L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力720hp、最大トルク770Nmを発揮。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間は2.85秒、0-200km/hの加速時間は7.6秒、最高時速340km/hにまで到達
性能としては、「488GTB」と比較して車体重量が10%軽減され、レーシングモデルとなる「488チャレンジ」並みの加速性能を持つといわれています。
※「Pista(ピスタ)」とは、イタリア語で”サーキット”や”滑走路”を意味します。

同車は、フェラーリ史上最もハードコアなモデルとして登場するだけでなく、エンジン性能はもちろんのこと、トラックにフォーカスをあてたボディワークにより、驚異的なダウンフォースを発生させるとのこと(現時点ではどの程度の数値かは不明)。
フロントスプリッターも新しいデザインへと変化し、全く新しい外観を得ています。そして、車両のフロントフードには、かなり大型ともいえるダクトが設けられることで、空冷効果を高めるといわれています。

ちなみに、同車には新たにフェラーリ・ダイナミック・エンハンサー(FDE)なる機能が搭載されていて、先進的なブレーキ作動式トルクベクタリングシステムを発揮。
具体的には、キャリパーのブレーキ圧力を調整するために、ソフトウェアを駆使し、「488ピスタ」の性能をより細かく分析することで、手軽で直感的且つ予想可能とするハンドリング性能が実現可能となっています。
こういった先進的な機能は、サーキット等でないと中々発揮することは難しいとは思いますが、やはりニュルブルクリンクでのラップレコードの更新が期待できる一台なのだと思われます。


【「488ピスタ」関連記事】
フェラーリ「488ピスタ・アペルタ」の予想レンダリングが公開。やはりVIP客には既にアペルタ情報が回っている模様(2018/2/23投稿)
早くもフェラーリ「488ピスタ・アペルタ」?スーパーカーマニアが謎の画像を公開(2018/2/21投稿)
フェラーリ「488Pista(ピスタ)」が遂にリーク。最高出力700馬力以上、ライバルはポルシェ「911GT2RS」だ(20182/21投稿)
フェラーリ「(仮)488GTO」のティーザー映像が公開。ジュネーブMSの公開もほぼ濃厚に【動画有】(2018/2/14投稿)
フェラーリ「(仮)488GTO」の正式名称は「488VS」?まさかの購入条件もリーク(2018/1/27投稿)
結構似てる?フェラーリ「(仮)488GTO」と「458スペチアーレ」のデザイン比較してみた(2018/1/24投稿)
フェラーリ「(仮)488GTO」が遂に世界初公開。アグレッシブな顔つきでまさしくスペチアーレ(2018/1/24投稿)
フェラーリ「488GTO(仮)」の資料やスペックがリーク。「ラ・フェラーリ」よりも速いとの噂(2018/1/19投稿)
フェラーリの次期V8モデルは「488GTO」ではなく「488スペシャルシリーズ?」。CARBがリークしたオフィシャル文書から判明(2018/1/5投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, >フェラーリ
-, , ,