【世界初】メルセデスベンツ・マイバッハに道路状況を示すデジタルヘッドライトが搭載

本日より開催のスイス・ジュネーブモーターショー2018にて、メルセデスベンツ・マイバッハ(Sクラス)から、ドライバに対して路面・交通状況等を知らせることのできる新しいヘッドライト技術”デジタルライト”が公開されました。
このデジタルライトという特別な技術は、歩行者や対向車への交通の邪魔とならぬように優れた視認性を提供するように設計されていて、道路上の特定の警告画像を投影することでマイバッハを運転するドライバへ注意喚起を促すというもの。

スポンサーリンク

この機能を発揮するためには、各ライトに100万個以上(トータルで200万個以上)のマイクロリフレクタが搭載されていて、車両の様々なセンサーやカメラ、ナビゲーションシステムに結びついて、道路状況や場所によって自動的にライトを自動調整することが可能とのこと。
これは、対向車線を検出する際に、ヘッドライトに搭載される200万通りの反射器の組合わせによってドライバへの輝度軽減により、視認性を確保することが可能となっています。

新たなデジタルライトシステムのもう一つの特徴としては、車両道路に投影できるシンボルマークを表示させるというもの。
これは、どの安全装置と運転支援システムが使用されているかに応じて、ヘッドライトが自動的に注意喚起を道路に投射。
例えば、道幅の狭い道路の境界を示す実線の案内線は、道を案内するのに役立つ機能となります。
また、道路付近の危険ゾーンの歩行者を検出することも可能で、その際にはヘッドライトによって歩行者の目の前に矢印が投影され、「ここに歩行者がいますよ」と注意喚起を促してくれます。

その他にも、スピードや車線外、スリップゾーン、速度制限、スノー等の注意喚起も表示可能。
ただ、この機能性での問題としては、スノーマーク等を路面上に投影する際に、その路面が積雪している場合はどのように投影されるか不明となっているため、天候状況によっては使用できない恐れもありそうです。

また、この新しいデジタルライトシステムは、、各国の法律を遵守するための技術、承認のために審査が必要であるとのことで、本当にこの技術が採用されるかどうかについては不明となっています。

【Mercedes DIGITAL LIGHT ► How Does It Work?】

 

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう