ランボルギーニ「ウラカン・スパイダー・ペルフォルマンテ―」登場。従来スパイダーよりも35kg軽量、0-100km/hも0.3秒短縮【動画有】

昨日より開催中のスイス・ジュネーブモーターショー2018にて、ランボルギーニのハイパフォーマンスオープンモデル「ウラカン・スパイダー・ペルフォルマンテ」が遂に世界初公開されました。
昨年、ドライバ志向のクーペタイプ「ウラカン・ペルフォルマンテ」が発表されましたが、今回登場したオープンモデルも、ALA(Aerodinamica Lamborghini Attiva)アクティブエアロダイナミクスを搭載した妥協なき一台となっています。

関連記事:ジュネーブMSにて、ランボルギーニ「ウラカン・スパイダー・ペルフォルマンテ」が登場。クーペは8つのコースレコードを樹立(2018/3/2投稿)

スポンサーリンク

ルーフ開閉時間については、ファブリック製ソフトトップルーフの自動開閉式で17秒(従来の「ウラカン・スパイダー」と変わらず)。
パワートレインは、クーペタイプと変わらずの排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力640ps、最大トルク600Nmを発揮。そして車体重量は従来モデル「ウラカン・スパイダー」よりも35kgも軽い1,507kgを実現。
0-100km/hの加速時間においても従来モデルより0.3秒速い3.1秒、最高時速は325km/hにまで到達します。

パフォーマンスとしては、クーペタイプと同様に強化されたサスペンション、よりレスポンシブなステアリング操作、ESCの再調整、永久的な四輪駆動(AWD)、ALAアクティブエアロ、改訂されたドライブモード・ANIMA(ストラーダ「Strada」、スポルト「Sport」、コルサ「Corsa」)を搭載。

なお、日本での販売価格は35,613,532円(税抜)で、クーペタイプよりも約10%増での販売となります。
「ウラカン・ペルフォルマンテ」の細かいレビューは以下にてまとめております。

【「ウラカン・ペルフォルマンテ」レビュー関連記事】
ランボルギーニ大阪さんにて、「ウラカン・ペルフォルマンテ」を見てきました【エクステリア編】(2017/6/17投稿)
ランボルギーニ大阪さんにて、「ウラカン・ペルフォルマンテ」を見てきました【インテリア編】(2017/6/18投稿)

【Lamborghini Huracán Performante Spyder: Vivid Technology】

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう