イタルデザイン「ZeroUno Dueta(ゼロウノ・ドゥアルタ)」が公開。オープンルーフで価格は2.7億円【動画有】

昨日より開催中のスイス・ジュネーブモーターショー2018にて、イタルデザインが「ZeroUno(ゼロウノ)・クーペ」のオープンモデル「ZeroUno Duerta(ゼロウノ・ドゥアルタ)」を世界初公開しました。
この個体は、上記の通り昨年デビューした「ゼロウノ・クーペ」のオープンタイプで、ほとんどのデザインやスタイリングは同じなのですが、スタイルベースはランボルギーニ「ヴェネーノ・ロードスター」なのだとか。

例えば、今回のオープンモデルにより、リヤデザインは大きな変化が見られたとのことで、リヤディフューザーやリヤエキゾーストパイプはよりアグレッシブになり、「ヴェネーノ」を彷彿させるようなド派手さがあります。

フロントエンドデザインはクーペと同様ですね。
フロントヘッドライトの五眼式小型LEDデイタイムランニングライトと、大型の単眼ヘッドライトのデザインもそのまま。
下周りのフロントリップには、カーボンファイバパーツを多く流用しています。

サイドデザインを確認していくと、ロングホイールベースでありながらもフロント・リヤオーバーハングはそこまでショートではないという不思議。

ホイールデザインは何とも特徴的な20インチ5スポークタイプ。スポーク周りにはカーボンファイバが装備されています。
なお、ブレーキキャリパカバーはカラー設定が可能で、カーボンブレーキは標準装備となります。

パワートレインは、排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力610ps、最大トルク560Nmを発揮。この辺りはクーペと変わらず、ランボルギーニ「ウラカン」やアウディ「R8」をベースとしたエンジンとなっています。
トランスミッションは7速DCT、駆動方式は四輪駆動(AWD)となっています。

パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が3.2秒、最高時速330km/hまで到達します。
なお、生産台数はクーペ同様に世界限定5台のみと希少で、価格帯としてもクーペの1.8億円よりも更に8,000万円以上も上回る2.7億円にて販売されます。

スポンサーリンク



【Italdesign ZEROUNO Duerta | roadster V10, stile italiano e il cuore tedesco | Ginevra 2018 [SUB]】

【関連記事】
イタルデザインが「ZeroUno(ゼロウノ)ロードスター」を遂に公開。約2.7億円、世界限定5台の希少モデル(2018//2/22投稿)
イタルデザイン「ZeroUno(ゼロウノ)ロードスター」の価格は約2.7億円、クーペよりも更に8,000万円割高に(2018/2/19投稿)
遂に来た。イタルデザイン創立50周年を記念して「ZeroUno(ゼロウノ)ロードスター」がジュネーブにてデビュー(2018/2/14投稿)
イタルデザイン「ZeroUno(ゼロ・ウーノ)」が売り切れ。ロードスターも販売するかも?(2017/8/7投稿)
恐れていたことが…完売したイタルデザイン「ZeroUno(ゼロウノ)」が新車価格より2倍の3.6億円にて販売中(2017/9/12投稿)
イタルデザイン「ZeroUno(ゼロウノ)」の1台目が無事納車。オーナーはすぐさま100km走行した生粋の車好き(2017/10/3投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう