欧州メーカ >ポルシェ

RUF(ルーフ)が今度はレトロデザインの新型「SCR」を公開。車体重量は1,250kg

昨日より開催中のスイス・ジュネーブモーターショー2018にて、ポルシェ専門のチューナーでお馴染みルーフ(RUF)が、今回レトロデザインの「CTRイエローバード」の最終形態を発表したと同時に、更に同系統のレトロデザインとなる新型「SCR」を公開しました。

スポンサーリンク

今回公開されている個体は、いかにもレトロ風な濃色系のグリーンに身を纏い、ルーフ独自のカーボンモノコックシャシーを搭載し、一体型ロールケージによって補強されたカーボンファイバ・ボディシェルを装備。これにより車体総重量は1,250kgを実現しています。
そして、外観としてはフロントバンパーに各サイドに丸型のブレーキ冷却ダクトと中央一体型オイルクーラーを装備しています。

元々「SCR」は、38年前に製造されたモデルではありましたが、ポルシェのプラットフォームを流用しない貴重なモデルでもあったと言います。
そのため、今回新しく登場する「SCR」には、新型「CTRイエローバード」と同様のプラットフォームを流用し、車軸にプッシュロッド・サスペンションを採用しているため、路上での爽快なパフォーマンスを提供することが可能なのだとか。

パワートレインとしては、排気量4.0L 水平対向6気筒エンジンを搭載し、最高出力520ps、最大トルク470Nmを発揮。トランスミッションは6速マニュアルトランスミッションを搭載します。

パフォーマンスについては、ルーフは加速性能に関して公表値を示していないものの、最高時速は320km/hにまで到達すると説明。
価格面についても特に言及されていませんが、「CTRイエローバード」で約1億円であれば、「SCR」も恐らく億に近い価格にて販売される可能性が高そうです。

関連記事:価格は1億円。レトロデザインのRUF(ルーフ)・新型「CTRイエローバード」最終形態がジュネーブMSにて明らかに(2018/3/6投稿)

【[4k] Ruf SCR "964" and Carbon tub in Geneva 2018】

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-欧州メーカ, >ポルシェ
-, , , , ,